品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数15万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

映画「 アイリッシュマン 」【ネタバレ感想】3時間半があっという間!黄金メンツによるマフィア映画の傑作 (67本目)

2019年/アメリカ英語/209分

f:id:ikkoshinagawa:20200430082941j:image

トラック運転手のフランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)は、マフィアのボスであるラッセル・バファリーノ(ジョー・ペシ)と知り合う。ラッセルに気に入られたフランクは殺しを請け負うようになり、全米トラック運転手組合委員長のジミー・ホッファ(アル・パチーノ)を紹介される。やがてフランクはジミーの右腕に上り詰めるが、ジミーの権力に陰りが見え始める。

 

 

 

Netflixのオリジナル映画。

凄いよね、Netflix

劇場で公開されたものがすぐにNetflixでも配信とはこのご時世有り難い。

 

「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」に大ハマりした私としてはマーティン・スコセッシ監督の新作を見逃すわけにはいかない。

ということで視聴し始めたわけだけどこの映画なんと3時間半もある。

流石にちょっと躊躇する長さだけどいざ観始めるとこれが案外気にならず結構観れてしまう。

f:id:ikkoshinagawa:20200503162251j:image

まず出てる俳優がマフィア映画好きとしては激アツで主人公にロバート・デ・ニーロ、マフィアのボスがジョー・ペシ、さらにジミー・ホッファ役にアル・パチーノとか豪華すぎるでしょ。

ジョー・ペシは「ホームアローン」でマコーレ・カルキンにボロクソにやられる泥棒役で有名だけどかなり歳取ってて渋くなってた。

(背は相変わらず小さいけど)

 

内容は歳とったロバート・デ・ニーロが過去にマファアの右腕として色々悪さをした回顧録を語ったもの。

淡々とはしてるんだけど相変わらず小気味好いテンポ感は観ていて心地いい。

というか単純にマーティン・スコセッシ監督の作る映像とウマが合うのでどんな作品を観てても苦ではないのか。

 

 

 

f:id:ikkoshinagawa:20200503162215j:image

何と言ってもディエイジング技術によって76歳のロバート・デ・ニーロがこの映画では40代、50代まで若返っていてそれが違和感のないこと。

これは本当に凄くて昔なら「明らかにメイクだろ」っていうのがバレバレだったんだけどめちゃめちゃリアルです。

この感じで「バック・トゥ・ザ・フューチャー」とか観たかったな。

 

気になったのがロバート・デ・ニーロは殺し屋なんだけどイマイチ暴力にキレがなく迫力がない。

まぁ実際は70代のデ・ニーロが演じてるから仕方ないけどえらくショボい殺し屋だなと思ってしまった。

 

内容は事実に基づいて作られているので特に言うことはないです。

あぁ、そうなんだ。くらい。

ジミー・ホッファの死因は実際には不明とされてるけどこの映画ではデ・ニーロが殺したことになってる。

f:id:ikkoshinagawa:20200503162123j:image

アルパチーノ演じるジミー・ホッファはキレまくっててインパクトあります。

労働組合のカリスマ的存在だったホッファはなにかとマフィアとの噂が絶えない人物だったそうでケネディ暗殺にも関わっていたとかいないとか。

別の作品でホッファをジャック・ニコルソンが演じてるのでそちらも観てみようかな。

 

ラストの終わり方はさっぱりとしていて好きです。

今までの汚れた人生とは対極の存在である神父さんとの会話でデ・ニーロが神父さんに「ドアは閉めるな、少し開けといて」とお願いするシーン。

なんか色々と深いです。

 

全体的に登場人物も多くマファア事情を少しでもかじってないと混乱するかもしれない。

そのための何度も観れるNetflixは有り難いし実際何度も観れる映画となっている。

お時間ある人は夜に落ち着いてご覧ください。

 

しかしこの映画に出てくる役者はなんてカッコいいお爺ちゃん達なんだろう。

自分もこういう風に歳を取りたいものだ。

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com