品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数15万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

名古屋の超新星「 鮨 香斗 」!ランチ8,000円コースで圧倒的満足度!! (88軒目)

久々の鮨遠征ということで本日は名古屋へ。

品川からのぞみ21号に乗れば1時間半で名古屋に到着。

栄駅まで電車で向かい、徒歩5分ほどでビルが見えてくる。

その地下一階にまだオープンして間もない「鮨 香斗」があった。

 

この場所はもともと「すし昇」があったが丸の内へ移転。

お弟子さんがそのまま引き継ぐ形で今年の2月5日にオープンした。

残念ながらその直後に世界がウイルスで大変なことになるとは。

f:id:ikkoshinagawa:20200704153605j:image

店名の「香斗」とは大将の菊池健斗さんの名前と母親の名前を組み合わせたもの。
f:id:ikkoshinagawa:20200704153603j:image

現在なんと27歳っていうから凄いなぁ。

ランチは5,000円、8,000円、12,000円の3種類から。

夜は天ぷらを予約しているので今回は8,000円のコースでお願いする。

店内はカウンター7席の小さめのお店。

f:id:ikkoshinagawa:20200704153621j:image

鮨ネタは主に三河もので揃えるが物によって良いものは他からも。

あとはひと手間、ふた手間かけて独自の仕事で昇華。

とても8,000円とは思えない程のバリエーションと満足度。

大将も若いながらも研究熱心で常に進化が止まらないといった感じ。

以下、いただいた料理。

 

 

岩もずく、赤貝、ジュンサイ
f:id:ikkoshinagawa:20200704153618j:image

青森の岩もずく、三河の赤貝、ジュンサイ

シャキっとさっぱりなもずく、トロンとしたジュンサイ、その中で一際存在感を放つ赤貝の香り。

 

キンキの煮付け
f:id:ikkoshinagawa:20200704153629j:image

網走のキンキの煮付け。肝とネギと一緒に。

ほんのりと甘めの味付け。

 

シャリ
f:id:ikkoshinagawa:20200704153625j:image

切って20分ほどしか経っていないシャリ玉。

酸の主張と硬めに炊かれた赤酢。

 

ガリ

f:id:ikkoshinagawa:20200704153643j:image

甘み、さらに辛みが強烈なタイプ。

 

 

 

菊池健斗大将

f:id:ikkoshinagawa:20200704153657j:image

 

剣先イカ
f:id:ikkoshinagawa:20200704153700j:image

長崎の剣先イカを塩とスダチで。

ねっとりになりすぎないいい塩梅、シャリとの解け具合もよく甘みも適度に。

シャリは一般的な店に比べて少し小さめ。

少食にはこのくらいだと有難い。

 

イサキ

f:id:ikkoshinagawa:20200704153715j:image

薄口醤油を塗って。

中に柚子の皮を削ったものを入れ夏らしく少し柑橘っぽい。

 

赤身
f:id:ikkoshinagawa:20200704153718j:image

塩釜。鰹節を粉末にしたものをカラシに入れ中に挟んである。

4、5日程度寝かしたものでほどよい香り。

 

三重県「作 Impression Mタイプ」
f:id:ikkoshinagawa:20200704153721j:image

 

車海老

f:id:ikkoshinagawa:20200704153734j:image

三河。半分茹でてから殻付きで一日出汁漬けにしたもの。

甘さももちろん、コクも。

しっとりを予想したが意外にもプリッと。

 

 

 

新子

f:id:ikkoshinagawa:20200704153746j:image

天草。まさかランチで新子が出てくるとは思わなかった。そして四枚付けという気合いの入れよう。

シャリが小さいのでサイズがよりコンパクトに見える。有り難くいただきました。

 

トロ

f:id:ikkoshinagawa:20200704153802j:image

塩釜の鮪。常温に戻し、直前に暖かなシャリに変えていた。

これぞ鮪と言った様な甘み、香りを堪能。

 

f:id:ikkoshinagawa:20200704153816j:image

ネギと生姜。

かなりの脂ガツン、香りガツン。

 

ミル貝

f:id:ikkoshinagawa:20200704153828j:image

三河。上から柚子をサッと。

香り、甘みよくサクッと理想的。

 

う巻き

f:id:ikkoshinagawa:20200704153845j:image

玉子焼きに鰻。出汁に白トリュフオイルを混ぜている。

もはやなんでもありすね。

 

 

 

次はノドグロ
f:id:ikkoshinagawa:20200704153852j:image

大将の顔にピントが合うな。

 

ノドグロ
f:id:ikkoshinagawa:20200704153849j:image

半ナマで脂ガッツリ。もはや液状化

 

ムラサキウニとバフンウニ

f:id:ikkoshinagawa:20200704153912j:image

8,000円のコースでどんだけ出るんだ。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20200704153917j:image

対馬。醤油は使わずに水、酒、砂糖を使用。

甘い味付けだけど嫌味にはなっていない。

 

雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20200704153920j:image

大将渾身の雲丹タワー。
f:id:ikkoshinagawa:20200704153908j:image

大将の顔にピント合うな。
f:id:ikkoshinagawa:20200704153924j:image

これだけの量の雲丹を食べると爽快です。

 

牡蠣、雲丹シャリ
f:id:ikkoshinagawa:20200704153914j:image

北海道仙鳳趾の牡蠣とバフンウニご飯。

牡蠣は2時間低温で温めたもの。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20200704153930j:image

温度が冷たいスフレ系。

だけどちゃんと芝海老の風味。

 

赤だし
f:id:ikkoshinagawa:20200704153927j:image

アラ汁。ノドグロや海老の頭などで5時間くらいじっくり煮込んだものでなかなか深みがあります。

 

ビール、日本酒一合飲んでお会計11,000円と驚愕の値段。

やはり地物を使えるのがデカいのかな。

それだけじゃなく大将のサービス精神も凄い。

まだオープンして間もないけどかなりのポテンシャル。

ごちそうさまでした!

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com