品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数16万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【いわき】福島県いわき市が誇る名店「 鮨 いとう 」!ここでしか食べられない珠玉のネタの数々(94軒目)

東京駅からいわき駅まで2時間ちょっと。

いわき駅から徒歩10分ほど。

f:id:ikkoshinagawa:20200911204537j:image

今回は愛媛の漁師 藤本さん、「恵比寿のえんどう」遠藤大将、六本木のフレンチ「蒼」の峯村シェフの4名の貸切会。

通常なら18時だが特別に帰りの新幹線に間に合うように17時からにしていただいた。
f:id:ikkoshinagawa:20200911204533j:image

食材はほぼ地物と産直。物によっては豊洲から。

伊藤大将の訛りがなんだかとても暖かく、居心地はとてもいい。

地物の利を活かした素材に江戸前要素の融合。

東京ではなかなかお目にかかれないネタのオンパレードで非常に貴重な体験をさせてもらった。

ちなみに今回は通常コースプラスαの「特別コース」となっている。

以下、いただいた料理。

 

 

福島県「廣戸川 純米秋あがり」

f:id:ikkoshinagawa:20200911204541j:image

 

ピーマンのお浸し
f:id:ikkoshinagawa:20200911204501j:image

地物のピーマン、相馬のしらす干し。

 

縞海老
f:id:ikkoshinagawa:20200911204546j:image

北海道厚岸から産直。

紹興酒と醤油の特製ダレに漬けたもの。

この日の昼頃漬けたみたいで鮮度よくプリっと。

 

ノドグロ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204443j:image

地物のノドグロ1.7キロ。福島産のノドグロってあまり食べる機会がないんだけど北陸のノドグロとは明らかに香りが異なる。

 

北寄貝
f:id:ikkoshinagawa:20200911204452j:image

地物。醤油でサッと焼いておりサクっと、磯の香りと甘みが印象的。

 

福島県「又兵衛 無濾過純米大吟醸平さん」
f:id:ikkoshinagawa:20200911204521j:image

 

牡蠣

f:id:ikkoshinagawa:20200911204706j:image

厚岸の牡蠣。干し椎茸と鰹の出汁に漬けたもので旨味エキスたっぷり。

 

 

クロアナゴ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204714j:image

地物。水と酒だけの白焼き。

脂というよりはしっとりとした身質。

 

メヒカリ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204611j:image

相馬。結構な大きさだ。臭みもない。

メヒカリはいわき市のシンボル的な魚なんですって。

 

ガリ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204616j:image

このガリがフルーティで果物を食べている様。

 

福島県会津娘 穣 純米吟醸 花坂境22」
f:id:ikkoshinagawa:20200911204702j:image

 

福島県会津娘 穣 純米吟醸 羽黒前27」
f:id:ikkoshinagawa:20200911204710j:image

 

ここから握り。

 

ノドグロ

f:id:ikkoshinagawa:20200911204734j:image

地物。しっとり柔らかく。

香りもパーッとひらく感じ。

それでいて脂もしっかりと。

シャリは米酢を2種類ブレンドし、香り付けで赤酢を足している。

どのネタにも合いそうなシャリだ。

 

墨烏賊

f:id:ikkoshinagawa:20200911204748j:image

 

 アラ

f:id:ikkoshinagawa:20200911204902j:image

香り旨味強め。

 

 

真鯵
f:id:ikkoshinagawa:20200911204926j:image

脂はそこそこ。

 

オアカムロアジ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204916j:image

ムチッと赤身の旨味。

 

磐城壽 純米酒 此れはしたり!
f:id:ikkoshinagawa:20200911204930j:image

 

赤身
f:id:ikkoshinagawa:20200911204838j:image

三厩140キロ。酸を感じる夏のあがりでさっぱり。

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204851j:image

 

大トロ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204920j:image

筋も旨味となるくらいの力強さ。

 

小肌
f:id:ikkoshinagawa:20200911204912j:image

江戸前の小肌で肉厚。〆加減は強すぎず弱すぎず。中に鯛のおぼろを挟んでいる。

 

車海老昆布〆
f:id:ikkoshinagawa:20200911204831j:image

この店のオリジナルであり名物。

表面だけ赤く湯通ししただけでレア感があり、だけどちゃんと車海老の甘味もあり最後に昆布の香りも。

 

 


f:id:ikkoshinagawa:20200911204940j:image

昆布〆。 

 

赤貝
f:id:ikkoshinagawa:20200911204841j:image

閖上。一週間かけて余分な水分を抜き寝かせたもの。香りの開きが素晴らしい。

 

バフンウニ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204844j:image

ロシア寄りのバフンウニ。

濃厚で独特な味わい。海苔の香りも際立つ。

 

楽器正宗 純米吟醸 出羽燦々 中取り
f:id:ikkoshinagawa:20200911204834j:image

 

金目鯛
f:id:ikkoshinagawa:20200911204907j:image

静岡の伊藤。2週間程。

トロンと舌触りよく香り、甘みも強烈。

2週間で水分抜かれてるはずだが潤いがあるのは個体のスペック?

 

メヒカリ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204934j:image

岩手。脂が多い魚なので直前まで冷やし温度の高いシャリと合わせると口の中でトロけ出す。

 

メヒカリ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204948j:image

茨城と福島の県境。

鮮度も抜群で最後は甘味が。 

 

イクラ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204827j:image

皮は薄くトロンと。

海苔は厚みがあり香りも強い。

 

アカザエビ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204824j:image

国内で流通する海老の中でもかなり高級な海老。

ぷりん、ぶり。そして香り。

この海老は是非握り以外でも食べてみたいな。

 

 

太刀魚
f:id:ikkoshinagawa:20200911204847j:image

藁で焼いた太刀魚。

 

ノドグロ
f:id:ikkoshinagawa:20200911204854j:image

いわきのノドグロ。アクセントにネギを入れている。

特に海苔はパリパリで歯切れがいい。

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20200911204944j:image

出汁は北寄貝の貝柱50~60個分。

アオサとともに。

 

干瓢巻き
f:id:ikkoshinagawa:20200911204923j:image

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20200911204857j:image

地物。激アツ。ふっくっら、溶ける。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20200911204951j:image

しっとりしつつ中はレア気味。

単純に美味い。

 

お会計は29,700円。

まさに地元の利を活かしたネタの数々ではるばる来てよかったと思えるラインナップ。

特に福島のメヒカリ、ノドグロ穴子を食べられてよかった。

これこそが地方遠征の醍醐味である。

 

豊富なネタを仕入れられるのは大将の人柄。

市場や漁場の人達とのパイプは伊藤大将の人格によるもの。

またいつの日かメヒカリの握りでも食べに来たい。

ごちそうさまでした!

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com