品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数16万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【代々木上原】艪 (かい) :圧倒的ボリュームの凝ったつまみに豪快な握り!地元民以外からも愛される理由!(鮨屋101軒目)

本日は代々木上原の「艪」へ。

読み方は「かい」です。

場所は代々木上原駅から徒歩2分ほど。

店は今年で8年目を迎える。

f:id:ikkoshinagawa:20201021230128j:imagef:id:ikkoshinagawa:20201021230131j:image

最初に言うとこの店、かなりの量が出てきます。覚悟してください。

おまけに値段が安い。いわゆるコスパ最強ってやつ。

コースはつまみと握りが交互に出てくる構成。

 

大将は一見強面だけどかなりお話好き。

f:id:ikkoshinagawa:20201127073235j:image

そしてとにかく明るい。

店内は常に笑い声が絶えない(大将の)。

いい意味でラフな空気感漂う大将の趣味はDJだそうだ。鮨DJです。

カウンター鮨に慣れてない人でも楽しく過ごせること間違いない。

以下、いただいた料理。

 

ロマネスコのすり流し
f:id:ikkoshinagawa:20201021230124j:image

世界一美しい西洋野菜ロマネスコ

野菜本来の甘みがスッと胃に馴染む。

コースの最初に毎回野菜のすり流しを持ってくるようだ。

 

f:id:ikkoshinagawa:20201021230200j:image

肉厚。むっちりとした肉感を堪能。

 

里芋と栗の焼き浸し
f:id:ikkoshinagawa:20201021230150j:image

季節感じる一品料理。

ホクホクでそれぞれの持つ甘味がまた滋味豊か。

 

平目
f:id:ikkoshinagawa:20201021230153j:image

握り一貫目は大ぶりな切りつけが印象的な平目から。

しっとりと舌に馴染み、味わいは控えめでいて後半から徐々に香りの主張。

シャリはほぐれ良く、どのネタにも合うもの。

 

山形県「大山 特別純米 ひやおろし 出羽の里」
f:id:ikkoshinagawa:20201021230203j:image

 

アサリのコロッケ

f:id:ikkoshinagawa:20201021230216j:image

コロッケと言ってもパサつきはなくトロッとして上品な仕上がり。

きめ細やかな衣と揚げ方は流石。

単純に肴としてレベルが高い。

 

新烏賊

f:id:ikkoshinagawa:20201021230233j:image

上のは墨塩。

ニュッとした舌触り良くきめ細やかな烏賊の質感がシャリと溶け合う感覚を楽しむ。

 

新烏賊のゲソ

f:id:ikkoshinagawa:20201021230246j:image

 

鰆のかぶら蒸し

f:id:ikkoshinagawa:20201021230301j:image

ふわりとソフトな食感、蕪の甘みと出汁の旨味が身体に染み込んでいく。はぁ、美味い。

 

秋田県「新政 NO.6 X-type 純米大吟醸

f:id:ikkoshinagawa:20201021230315j:image

 

春子鯛
f:id:ikkoshinagawa:20201021230318j:image

鹿児島出水。昆布〆。

あまりに大きいので半分にカット。

しっとりとしてトロける身質。

 

小肌

f:id:ikkoshinagawa:20201021230333j:image

佐賀県唐津

 

ノドグロ 蒸し焼き

f:id:ikkoshinagawa:20201021230350j:image

口内に溢れ出るノドグロ汁。

定番だけどノドグロはやっぱり焼きですね。

 

北寄貝

f:id:ikkoshinagawa:20201021230405j:image

これだけ切りつけ大きいとサクサクの食感が爽快。

みずみずしく、炙りの香ばしい香りから磯の香り、北寄貝本来の持つ甘みと味わいが移ろいゆく。

 

赤身の漬け

f:id:ikkoshinagawa:20201021230420j:image

戸井。酸は控えめに。

 

牡丹海老
f:id:ikkoshinagawa:20201021230425j:image

ねっとりと舌の上でトロけ、旨味と強い甘みがシャリと混ざり合う。

非常に官能的で興奮してきたわ。

 

生いくらの茶碗蒸し

f:id:ikkoshinagawa:20201021230438j:image

シンプルで王道だけどしっくりきます。

 

山形県「楯野川 純米大吟醸 源流 冷卸」

f:id:ikkoshinagawa:20201021230516j:image

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20201021230519j:image

戸井。こちらは一週間ほど。

脂のケバさはなく落ち着いてはいるが香りはある。

 


f:id:ikkoshinagawa:20201021230509j:image

これまたサイズ大きめの大胆なカット。

滑らかでプリッとした身質に薬味と脂で香りとコクが一気に広がる。

 

牡蠣のオイル漬け
f:id:ikkoshinagawa:20201021230549j:image

仙鳳趾。上には墨塩。

太白胡麻油で過度な胡麻油の香りは抑えられている。

 

牡丹海老の頭
f:id:ikkoshinagawa:20201021230545j:image

パリパリっと咀嚼した瞬間の香りの開き方が尋常じゃない。

うん、それに尽きる。

 

カワハギの肝和え

f:id:ikkoshinagawa:20201127145349j:image

カワハギの肝和えはつまみでは定番だが握りにしてしまった実験的で大胆な一貫。

細かくしたカワハギに肝が絡み、コクとリッチな味わい。

シャリの酸とネギが絶妙なバランス。

 

毛蟹バフンウニ
f:id:ikkoshinagawa:20201021230506j:image

みたまんま。これに関してはシャリのサイズ感も大きい。

 

北寄貝のヒモ
f:id:ikkoshinagawa:20201021230541j:image

 

茹で蛸
f:id:ikkoshinagawa:20201021230534j:image

柔らか煮の様にボイルしただけなのに柔らかい。

 

三重県而今 純米吟醸 八反錦 火入れ」
f:id:ikkoshinagawa:20201021230552j:image

 

大トロ
f:id:ikkoshinagawa:20201021230527j:image

同じ母体。

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20201021230513j:image

全てがデカイ。映える。

そして仕事に手抜きなし。香り、甘み抜群。

 

雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20201021230531j:image

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20201021230537j:image

対馬

 

焼き白子ご飯のスッポン餡掛け
f:id:ikkoshinagawa:20201021230556j:image

タラの白子、トリュフの香り。

 

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20201021230524j:image

 

 

これだけ飲んで食べて一人21,000円とは凄すぎる。

大将はネタの産地や詳しい説明はほとんどしないのでこちらも深く聞くことはしない。

産地で何か変わるわけでもなかろう、美味けりゃいいじゃん。

切りつけは大きく酒飲みながらだとかなり腹にずっしりくる。

少食の人は覚悟しないと途中でギブアップすることになりそうだ。

このボリューム、この値段に加え大将の明るい客あしらいはなかなか他にお目にかかれない。地元民だけでなく少し離れてもわざわざ来たくなる。そんなお店でした。

ごちそうさまでした!

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com