品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数16万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【通販】「六厘舎、衝撃の特製激辛鍋。市販品では味わえない震える辛さ!」を食べた感想

つけ麺の超有名店である「六厘舎」が冷凍で激辛鍋を販売し始めた。

また激辛鍋とは面白いところいくなぁと思い送られてきた箱を開封する。

 

激辛鍋(味噌味・塩味各一袋、麺四玉つき) 3,480円(税込み)

f:id:ikkoshinagawa:20210103110706j:image

つけ麺の時と同様、黒いパッケージはかなりカッコいいです。

 

中身はこんな感じ
f:id:ikkoshinagawa:20210103110648j:image

味噌と塩がそれぞれ入っており麺が四玉。
f:id:ikkoshinagawa:20210103110711j:image

六厘舎だから太麺かと思ったけどそこは鍋仕様みたいです。特注の中太麺。

 

唐辛子が2袋。これはお好みで。
f:id:ikkoshinagawa:20210103110719j:image

 

では野菜をたっぷりと用意。
f:id:ikkoshinagawa:20210103110652j:image

 

まずは塩味から
f:id:ikkoshinagawa:20210103110656j:image

冷凍なので沸騰したお湯で15分温めて溶かしてから鍋へ。

f:id:ikkoshinagawa:20210103110825j:image

見るからに辛そう。具材は入ってません。

 

そこに野菜などを入れてグツグツ。

f:id:ikkoshinagawa:20210103110758j:image

見た目がすでに刺激的。

 

完成
f:id:ikkoshinagawa:20210103110755j:image

「市販品では味わえない震える辛さ!」となかなか怖いキャッチコピーなので恐る恐る一口スープを。
f:id:ikkoshinagawa:20210103110751j:image

ソリッドでキレがありスッキリとした辛さは市販品にはないだろうが全く食べられないわけでもない。

家内も「辛い辛い」と言いながら食べ進めることができた。

塩味なのでいささかあっさり気味ではある。

 

ここに付属の唐辛子をパラパラっと。
f:id:ikkoshinagawa:20210103110802j:image

中本の北極ラーメンを食べられる人なら普通に食べられるくらいか。

もちろん鍋としては異例の辛さ。

煮込めば煮込むほど煮詰まるので味が凝縮されていく感じ。

 


f:id:ikkoshinagawa:20210103110805j:image

中細麺で茹で加減は自分で調節。

スープが3、4人前なので2人だとかなり量がある。麺も2人なら一玉で十分かと。

煮込まれたスープにたっぷり絡めながらズズッと。うん、刺激的。

 

続いて味噌味

f:id:ikkoshinagawa:20210103110909j:image

 

見た目が塩味とほぼ変わらない気が。
f:id:ikkoshinagawa:20210103110855j:image
f:id:ikkoshinagawa:20210103110859j:image

味噌は酒粕や豆乳が入っており塩味に比べるとかなりマイルドでコクがある。
f:id:ikkoshinagawa:20210103110851j:image

これ、坦々系が合うんじゃ。

辛さは強いけどどこか甘みがあってコクがある。美味しいです。

f:id:ikkoshinagawa:20210103110906j:image

麺は固めでバキバキで食べるのが好み。
f:id:ikkoshinagawa:20210103110841j:image

見た目だとそんなに辛そうには見えないけどいい感じの刺激です。
f:id:ikkoshinagawa:20210103110847j:image
少し辛さが物足りないので唐辛子をバンバンかけて。
f:id:ikkoshinagawa:20210103110916j:image

最後には味噌のコク、野菜から出た旨味、唐辛子の刺激がいい感じに。

当然だけど一口目よりよく煮込んだほうが味わい深くて美味しいです。

ヒーヒー言いながら冬を乗り切るには最高かと。

最後まで美味しく頂きました。

ごちそうさまでした!