品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数17万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

映画・DVD・Blu-ray

基本、ネタバレします。 観た感想なのでできればその作品を観た方がご覧になることをお勧めします。

「北の国から '87 初恋」今の人に携帯がない時代の距離感は伝わるのか?

品川イッコーです。 この回がはじめてかな? 純が五郎に怒鳴ったり、自分の思いを激しめにぶつけるのは。 今までは親父は絶対的な存在で一方的に怒られるだけだったけど五郎に向かって「情けない」と言い放つ。 いままで泣きながら懺悔はあったけどこんなに…

【映画】容疑者 室井慎次「ネタバレ感想」演技大根、ストーリー退屈、見せ場なし!(109本目)

品川イッコーです。 「交渉人 真下正義」に続いての踊る大捜査線スピンオフ映画の2作目。 主人公は室井慎次ということで全体的にトーンは暗め。 そもそも室井さん自体あまり喋る人でもないし必然と暗くなりがちか。

【映画】交渉人 真下正義「ネタバレ感想」大事な部分がごっそり抜けてる致命的な映画 (108本目)

品川イッコーです。 踊る大捜査線のスピンオフ作品で交渉人となった真下正義と犯人によるクローズドな空間での知能戦劇。 「交渉人」というとケビンスパイシーとサミュエルLジャクソンの映画があってそれには当然劣るが邦画にしてはなかなか健闘したと思う。…

【映画】踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!【ネタバレ感想】今観るとツッコミどころしかない (107本目)

品川イッコーです。 書斎の棚のDVDを整理してたら踊る大捜査線が出てきた。劇場版の2作目だ。 もう何年前になるだろうか。 公開が2003年だから18年前か。 ドラマシリーズは中学生の頃にハマって映画館に足を運んだ記憶がある。 そのDVDを手に取った瞬間なん…

映画: トールガール【ネタバレ感想】自分のコンプレックスに悩む全ての人へのエール (106本目)

2019年/アメリカ映画/102分 187センチの高身長に悩み、目立たないようにいつも背筋を丸めているジョディ。交換留学生に恋したことをきっかけにコンプレックスを克服する決意をしたけど...。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Netflixオリ…

映画: 紙の月【ネタバレ感想】宮沢りえの絶対に幸せになれない幸薄感がやたらリアル (105本目)

品川イッコーです。 公開当時なかなか話題になったらしいんだけど自分の中で完全にスルーしていた作品。 意識的じゃなくて完全にすっぽり抜けていてNetflixで発見し視聴しました。 宮沢りえって言うと「北の国から」のイメージが強くてあの頃から比べるとだ…

映画 : シンプル・フェイバー【ネタバレ感想】「かつてないストーリー展開」ってうたってるけどそんなに驚きません (104本目)

2018年/アメリカ映画/116分 ニューヨーク郊外に住むステファニーは育児や料理についてのブログを運営しているシングルマザー。ある日、同じクラスに息子を通わせるエミリーに誘われて、豪華な邸宅を訪ねることになる。対照的なふたりだったが、お互いの秘密…

映画 : イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密【ネタバレ感想】生まれた時代を呪いたくなる程救いがない話 (103本目)

品川イッコーです。 「爆発のない戦争映画」ということで視聴。 結果、最近観た映画の中では一番まともだった。というかむしろ作品としては凄くいい映画だと思う。 コンピュータの基礎を作ったアランは偉業を成し遂げた後も同性愛者という事で逮捕され、ホル…

映画 : ステイ・フレンズ【ネタバレ感想】ラブストーリーって本当パターンがないよね… (102本目)

品川イッコーです。 本題は「Friends with Benefits」なんだけどなんで邦題っていちいち変えるんだろうか? いまは恋愛なんてしたくなくて縛られることなく自由にいられてヤリたい時にやれる都合のいい関係だから「利益」ってタイトルにしてるんだからこの邦…

映画 : 恋は雨上がりのように【ネタバレ感想】万人ウケの中でも万人ウケな作品 (101本目)

品川イッコーです。 何も考えずに観れる邦画でもということで大泉洋と小松菜奈主演のラブストーリーを鑑賞。 大泉洋が出てなかったから完全にスルーしてた作品。ちゃんと原作があるようです。 しかし小松菜奈ってなんとも絶妙な顔してるよね。 キュートだな…

映画 : ハスラーズ【ネタバレ感想】ストリッパーの映画なのに脱ぎっぷりが悪すぎると思ったら友情物語でした (100本目)

品川イッコーです。 観ていて終始イライラ。 引っかかる男もバカなんだけど男をただの金づるとしか思ってない主人公たちのはしゃぎっぷりにイラついて仕方がなかった。 それでも評判いいので最後まで観たんだけど…そんなにか?と言うのが正直なところ。 金融…

映画 : 劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜【ネタバレ感想】清々しい程テレビ版をぶち壊す作品 (99本目)

2019年/日本映画/114分 春田創一(田中圭)が上海と香港の転勤から帰国し、黒澤武蔵(吉田鋼太郎)をはじめ天空不動産第二営業所のメンバーが彼を出迎える。そこに本社で新たに発足したプロジェクトチーム「Genius7」が現れ、リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は春田た…

映画:フラクチャード【ネタバレ感想】そうじゃないと思わせといてやっぱりベタなオチ (98本目)

品川イッコーです。 あらすじ読んでもらったらわかると思うけどこういう話ってほぼほぼ、「病院が黒」か「主人公の頭が錯乱してるか」のどっちかのパターンだけど今回は後者です。 このパターン、「ファイト・クラブ」以降一体いつまで続けるのか… やけに照…

映画:フィフティ・シェイズ・フリード【ネタバレ感想】物語と関係ないSEXシーンで尺を引き延ばす悪質な映画 (97本目)

品川イッコーです。 久々にひどい映画を観た。 まさか3部作だとは思わずいきなりこの最終章を観た私も悪いんだけどさ。 少なくともこの作品単体を評価すると限りなく0点に近い点数となる。 基本的な構成は新婚夫婦が何者かによって狙われる話なんだけど、何…

映画:私というパズル【ネタバレ感想】出産を控えた夫婦にとってこんなにも恐ろしい話はない (96本目)

品川イッコーです。 Netflixにて鑑賞。 個人的にはいつもならスルーしそうな内容だけど、夏に長男が生まれたという事で気になって視聴。 結果としては物凄い良作だとは思うけど凄い疲れます。 特にオープニングタイトルが流れるまでの20分以上にも及ぶ出産か…

映画:天使がくれた時間【ネタバレ感想】邦題のセンスのなさで観る者を遠ざける勿体ない映画 (95本目)

品川イッコーです。 これ20年も前の映画なんだ。 昔から存在は知っていたけどなかなか手を出せずにいたのは邦題のセンスのなさ。 「天使がくれた時間」っていかにも過ぎるではないか。 あらすじを読めば内容もわかってしまう様な映画なのでさらにこの邦題は…

映画「 青天の霹靂 」【ネタバレ感想】狙いにいった誰からも嫌われない映画 (94本目)

品川イッコーです。 劇団ひとり原作、監督、主演をつとめた映画。主役は大泉洋。 タイムトラベルものなんだけど過去に戻って自分の両親や自身の出生の秘密を知るっていう結構ありがちなストーリー。 そういう意味では「バックトゥザフューチャー」を彷彿とさ…

【映画】パラサイト 半地下の家族 :「ネタバレ感想」後半で失速 (93本目)

2019年/韓国映画/132分 全員失業中の一家が目指す、高台の豪邸。 最高の就職(パラサイト)先には、誰も知らない秘密があった――。 仕事も計画性もないが楽天的な父キム・ギテク。そんな甲斐性なしの夫に強くあたる母チュンスク。 大学受験に落ち続ける息子ギウ…

映画「 ミッドサマー 」【ネタバレ感想】彼らはこういう文化なんでって逃げる卑怯な映画 (92本目)

2019年/アメリカ映画/147分 アメリカで暮らす大学生のダニーと恋人のクリス、その仲間たちは、交換留学生であるペレの故郷スウェーデンで夏至(ミッドサマー)に行われる祝祭に誘(いざな)われる。 その村では、90年ごとに9日間の浄化の儀式が行われ、人々は着…

映画「 楽園 」【ネタバレ感想】村八分、差別、偏見…限界集落で起きたあり得る話 (91本目)

2019年/日本映画/129分 ある地方都市で起きた少女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と、失踪した少女の親友だった紡。不幸な生い立ち、心の傷、それぞれの不遇に共感しあうふたりだが、12年後に再び同じY字の分かれ道で少女が姿を消して事態は…

「 半沢直樹2 」魂を揺さぶる傑作の誕生

女優の竹内結子さんが亡くなったその日、半沢直樹の最終回が放送された。 「生きていれば何とかなる」 妻役の花ちゃんの半沢直樹に対する言葉が我々の胸に突き刺さった。 白井大臣の盆栽をぶん投げての「クタバレ」、半沢の辞表を破り紙吹雪の中颯爽と去って…

映画「 思い出のマーニー 」【ネタバレ感想】同性愛?夢遊病?一夏のミステリー? (90本目)

品川イッコーです。 確か宮崎駿が引退した後のジブリの作品。 監督は米林監督で前作の「借りぐらしのアリエッテイ」は個人的には酷い印象しかなかったけどこの映画、私は好きです。 公開当時映画館に観に行ったけどこの映画の持つ不思議な世界観に数日浸って…

映画「 この世界の片隅に 」正直に言うと主人公のすずさんが合わない (89本目)

1944(昭和19)年2月。18歳のすずは、突然の縁談で軍港の街・呉へとお嫁に行くことになる。 夫・周作のほか、周作の両親と義姉・径子、姪・晴美も新しい家族となった。 配給物資がだんだん減っていく中でも、すずは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直…

映画「 ディパーテッド 」【ネタバレ感想】ラスト以外はめちゃめちゃ面白い作品でした (88本目)

品川イッコーです。 最近になってやたらとお気に入りの巨匠マーティン・スコセッシ監督作品。 レオナルド・ディカプリオ、マッド・デイモン、ジャック・ニコルソンらの豪華俳優陣を迎えてのギャング映画。 マフィアであるジャック・ニコルソンを逮捕する為に…

映画「 ノック・ノック 」【ネタバレ感想】絶対観るな!今年観た映画でぶっちぎりのワースト!(87本目)

2015年/アメリカ映画/99分 ある平和な父の日。 理想的な家庭を築き上げたエヴァン(キアヌ・リーブス)は家族でビーチに行く予定だったが、仕事の都合で一人留守番をすることになる。 芸術家のカレン(イグナシア・アラマンド)と子ども二人を見送り、早速仕事に…

映画「 キングダム 」これが大ヒットしたって本当?壮大な学芸会レベル (86本目)

品川イッコーです。 正直に言いますと原作読んだことないです。 その時点でこの映画を語る資格なんてないのかもしれない。 けどね、だからって映画を観る資格ないのか? そうじゃないでしょ。 原作を観てない人でも映画っていうのは楽しめる様につくるべきだ…

映画「 レクイエム・フォー・ドリーム 」【ネタバレ感想】トラウマ級の地獄!ドラッグ映画の傑作!(85本目)

品川イッコーです。 監督は「π」や「ブラック・スワン」などで知られるダーレン・アロノフスキー。 この監督さん、好きなんですよね。 とことん救いのない感じやリアリズムを追求した描写が容赦なくて。 「π」で注目され、ナタリー・ポートマンが主演した「…

映画「 最高の人生のはじめ方 」【ネタバレ感想】そこそこいい映画なのに邦題が最高にセンスない (84本目)

品川イッコーです。 引用を読んでもらえるとわかると思うが超ありきたりなストーリーである。 別に何があるってわけでもないし格別凄い名作というわけでもない。 おまけに邦画のタイトルが絶望的にセンスがない。 原題は「最高の」ってつかない。 そもそも全…

映画「 シンデレラマン 」激推薦!文句のつけようがない傑作!戦う親父はカッコいい!!(83本目)

品川イッコーです。 最近改めて観たロン・ハワード監督の「ビューティフル・マインド」が思いのほか良かったので続けて本作を。 今回も実際にいたジェームス・J・ブラドックというボクサーをラッセル・クロウが演じている。 ロン・ハワード監督 + ラッセル・…

映画「 ビューティフル・マインド 」ラッセル・クロウのムキムキの身体と天才数学者とのギャップに違和感 (82本目)

品川イッコーです。 かつて一度は観たことあると思うんだけどこのインパクトのないタイトルだけ聞いても見事に内容を覚えていない。 ラッセル・クロウ主演と言われてもピンときてないのでよっぽど印象に残ってない作品ということになる。 なので今回は初見の…