品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数18万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

映画「 青天の霹靂 」【ネタバレ感想】狙いにいった誰からも嫌われない映画 (94本目)

2014年/日本映画/96分

f:id:ikkoshinagawa:20201201075603j:image

冴えない人生を送る天涯孤独の売れないマジシャン晴夫。ある日、絶縁状態だった父の訃報が届き、やりきれない気持ちに苛まれた彼を突然の雷が直撃する。意識を取り戻した彼は、なんと40年前の浅草にタイムスリップしていた。やがて演芸ホールでマジックを披露する若き日の父とその助手を務める母と出会い、ひょんなことから父とコンビを組むハメになる晴夫だったが…。

 

劇団ひとり原作、監督、主演をつとめた映画。主役は大泉洋

タイムトラベルものなんだけど過去に戻って自分の両親や自身の出生の秘密を知るっていう結構ありがちなストーリー。

そういう意味では「バックトゥザフューチャー」を彷彿とさせるけど本作ではタイムマシンとかじゃなく雷に打たれて40年前にタイムスリップするって結構雑な戻り方。

 

タイムトラベルを活かしたエピソードはほぼなく基本は親子間の人間ドラマ

大泉洋も時代とのギャップで四苦八苦するとかのエピソードもなく、割となんの苦労もなくこの時代にスッと馴染んでいきます。

もともとこの時代の人みたいな。もっと遊んでもいいのに。

 

大泉洋の親父役の劇団ひとりも「浅草の破天荒なマジシャン」というなんだかどこかで見たことあるような役。

昔の芸人、短気、だらしない、女ったらしみたいな。

 

多分こんな感じでストーリー進んでいくんだろうなと思ったら結局そのまんまでした。

話に意外性を求めるというより大泉洋の演技を存分に楽しむ映画なのかも。

役者 大泉洋が存分に観れます。

 

胎盤剥離により自分が生まれる代わりに母親の柴咲コウが死んでしまうという事実を知って劇団ひとりに言い放つことば。

「そりゃじゃだめなんだよ!ろくでなしの父がいて、俺を置いていった母親がいて!だから俺の人生みじめなんだよ!そうだろ?」

 

迫真の演技で感動的なんだけど冷静に考えてみるとこれ言われた劇団ひとりは「?」だよね。だって本当にこいつ何言ってんだ?ってセリフだから。

f:id:ikkoshinagawa:20201201080046j:image

劇団ひとり柴咲コウにめちゃめちゃビンタされるシーンとか舞台で大泉洋に「まさか鳩じゃないよねー?」と煽られた時の顔とか完全に芸人の劇団ひとりです。

 

所々コメディ要素はあれど話の邪魔にならないくらいで嫌味なく観れます。

最初のトランプをしながら人生悟った様なオープニングは観ていて気持ちいい感じ。

4ヶ月マジックを練習した成果が出てて改めて大泉洋って器用だなと思いました。

 

過激なシーンもなく家族で安心して観れるという点においては誰からも嫌われない映画な気がします。

なんかこのシチュエーションやキャラクターはどこかで観たことあるぞ?みたいな色んな映画のいいとこどりといった感じ。

ちょっとズルさを感じました。

 

親父に感謝の言葉を放って終わるエンディングは余韻に浸れていいなと思ったけどエンディング曲がミスチルって…

とことんベタだな。

 

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com