品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数17万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【福井県福井市】鮨 十兵衛 : 福井が誇る名店!越前蟹、セイコガニ、牡丹海老…旬のネタを確かな仕事で至極の北陸前へ!(102軒目)

本日は日帰りで福井県の「鮨 十兵衛」へ。

「望洋楼」に続いて今年2回目の福井県

品川駅から店まで新幹線、特急、タクシーを乗り継いぐこと約4時間半。

遠すぎる…これだと沖縄や博多の方がまだ近く感じる。

まるで一人「水曜どうでしょう」やってる気分だ。

f:id:ikkoshinagawa:20201114201836j:image

外観は高級感溢れ、凛とした佇まい。

広々とした空間がまたその存在感を際立たせている。

f:id:ikkoshinagawa:20201114201828j:image

17時半からの貸切会、お邪魔します。

 

塚田哲也大将
f:id:ikkoshinagawa:20201114201833j:image

塚田大将は札幌の「すし善」で修行した後に地元に戻り父の後を継いで2代目に。

そのタイミングで店を改装し「街場鮨スタイル」から今のような高級路線にガラッと変えた。

当然当初、常連からは批判もあったが自分のやりたいスタイルを貫き今では日本を代表する鮨屋となった。

以下、いただいた料理。

 

もみじ鯛

f:id:ikkoshinagawa:20201114201857j:image

秋に旬を迎え漁獲される鯛のこと。

まだ〆て二日目。

ぷりっと鮮度ある食感柔らかく香りは非常に繊細。

 

迷い鰹

f:id:ikkoshinagawa:20201114201922j:image

皮目は藁で炙りパリッと。

もっちりとした身肉に脂もしっかりと。

この脂ののりなので藁の香りがより合う。

 

バイ貝
f:id:ikkoshinagawa:20201114201919j:image

スカッと爽快な歯ごたえと同時に広がる磯の香りと甘み。

 

福井県「白岳仙 純米吟醸 荒走」

f:id:ikkoshinagawa:20201201181425j:image

 

f:id:ikkoshinagawa:20201114202033j:image

脂ののりすぎないいい塩梅。

ねちっと赤身っぽい身肉に自家製ポン酢でキュッと。

 

越前蟹

f:id:ikkoshinagawa:20201115074317j:image

越前蟹とは福井県で水揚げされた雄のズワイガニのこと。

雌はセイコガ二。

f:id:ikkoshinagawa:20201114202048j:image

単純に甘くてコクがあって香りがあって。

シンプルに絶品。

 

福井県黒龍 しずく」
f:id:ikkoshinagawa:20201114202051j:image

 

真鱈の白子の茶碗蒸し
f:id:ikkoshinagawa:20201114202055j:image

普通に白子がまんま入ってるのかと思ったけど低温で裏ごした白子だ。黄色いのは柚子。

もったりまったりとしてトロみある白子と茶碗蒸し。

 

タコの柔らかに

f:id:ikkoshinagawa:20201114202200j:image

そこそこの柔らかさ

 

福井県「常山 純米超辛」
f:id:ikkoshinagawa:20201114202208j:image

 

ガリ
f:id:ikkoshinagawa:20201114202149j:image

フルーティでキレがあり脂切りが良さそうなガリ

 


f:id:ikkoshinagawa:20201114202154j:image

香り、コク、甘さ、そして余韻。

シャリが特徴的で水分気がありもっちりねっとりと。

赤酢、米酢のブレンドで個性的なシャリだ。

 

縞鰺
f:id:ikkoshinagawa:20201114202157j:image

口触りトロンと滑らか。

香り。

 

アオリイカ
f:id:ikkoshinagawa:20201114202204j:image

今朝とれたもの。アオリイカというと少し寝かせてねっとり感を出す店が多いがあえて寝かしていないものに包丁を入れフレッシュな食感。

だけど甘さはかなりのもの。

 

セイコガニ丼

f:id:ikkoshinagawa:20201114202510j:image

卵のプチプチ感、味噌のコク、身の甘味。

そしてシャリの酸にイクラ

もう最高です。

 

福井県「早瀬浦 純米酒
f:id:ikkoshinagawa:20201114202507j:image

 

鯖寿司
f:id:ikkoshinagawa:20201114202515j:image

脂は適度な赤身肉。

鯖独特の鉄分を感じながら海苔の香りとの相性もいい。

 

牡丹海老
f:id:ikkoshinagawa:20201114202513j:image

北陸なので車海老でなく牡丹海老。

トロっとしてプリッと鮮度も感じさせる。

ねっとりと強い甘味と旨味がシャリと調和。

 

帆立

f:id:ikkoshinagawa:20201114202710j:image

北海道。潰して食感を均一化。

しっとりとして低温の火入れによる甘み。

ツメは帆立の出汁を煮詰めたもの。

 

雲丹
f:id:ikkoshinagawa:20201114202652j:image

北海道浜中。

この辺から豊洲経由のものを。

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20201114202639j:image

戸井。香りの余韻が美しい。

脂の甘さでよりシャリの酸が際立つ。

シャリは当初より水分が抜けて一粒一粒の輪郭がはっきりし出した。

 

福井県「越前岬 純米 九頭竜」
f:id:ikkoshinagawa:20201114202655j:image

 

小肌
f:id:ikkoshinagawa:20201114202644j:image

天草。〆方フワッと。身肉のジューシーさ残る。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20201114202706j:image

対馬。上のは墨塩。ガッツリ脂による溶け感がいい。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20201114202647j:image

甘海老をたっぷりと使いしっとりとしてるが中はスフレ系。

海老の風味と嫌味のない甘さ。

 

追加 金目鯛
f:id:ikkoshinagawa:20201114202702j:image

北陸じゃなくても食べられるけどシャリが美味しいので銚子の金目鯛を追加。

口に入れた瞬間広がる藁のスモーキーさ。

程よく脱水されトロンとした脂の甘みと金目鯛の上品な香りがシャリと溶け合う。

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20201114202659j:image

最後まで北陸を感じる海老の味噌汁で温まりフィニッシュ。

 

前半は北陸のものがメインだが後半にかけて雲丹や鮪、穴子など王道のラインナップも。

県外の人から地元の人まで幅広く楽しませてくれる。

仕事はかなり丁寧で非の打ち所がない。

しかも大将、おちゃめです。⏬

f:id:ikkoshinagawa:20201115074407j:image
f:id:ikkoshinagawa:20201115074403j:image

遠いけど是非また来たいお店でした。

これからまた4時間半かけて東京へ戻ります…

ごちそうさまでした!

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com