品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数17万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【御成門】冨所 : 全鮨好きにオススメするこれぞ王道の野郎鮨!TOMIDOKORO (103軒目)

本日は今年2回目の冨所へ。

場所は御成門駅から徒歩5分ほど。

新橋駅からでも10分くらい。

f:id:ikkoshinagawa:20201119224320j:image

一見、目立った看板がないからスマホのマップないとなかなか辿り着けないかもしれない。

そろそろ冬にさしかかろうとしてるのにこの日は暖かかく店のドアは開けっぱなし。

虫もいなくてそよ風が凄く気持ちいい。

 

半年ぶりの佐藤大将、いい意味で何も変わってない。安定感抜群で押し付けがましくなくひたすら心地よい接客。

つまみもあくまで握りを引き立たせるくらいに抑えられてはいるが食べてわかる仕事の丁寧さ。

この時代に「足しすぎない」というのは確固たる自信の軸がある証拠。

 

握りはネタの切りつけ大きく、シャリもコクと酸のバランス良くまるで非の打ち所がない。

これほどまでに地に足がついた握りを食べられるとは同年代としてただただ嬉しい。

以下、いただいた料理。

 

平目

f:id:ikkoshinagawa:20201207135741j:image

香りが凄くいい。魚体の力を感じる。

 

カマス

f:id:ikkoshinagawa:20201207140459j:image

ねちっと脱水され身は柔らかくほどける感覚。旨味残る。

 


f:id:ikkoshinagawa:20201119224317j:image

三重県。皮目を炙っており燻したスモーキーさの余韻からのねっとりとした身質。

皮目から身に意識がいくにつれ旨味、香りが右肩上がり。

 

f:id:ikkoshinagawa:20201119224335j:image

佐島。柔らかくしすぎず蛸の食感はきちんと。

シンプルに香りを楽しませる一品。

 

蝦蛄

f:id:ikkoshinagawa:20201119224346j:image

濡れ感あるしっとりとした食感に嫌味のない甘口の味付け。味も濃く甲殻類の香り広がる。

 

f:id:ikkoshinagawa:20201119224426j:image

一夜干しにして焼いたもの。

香り良く脂もガッツリと。焼きの香ばしさと脂に大根おろしと王道だけどシンプルに美味い。

 

牡蠣
f:id:ikkoshinagawa:20201119224419j:image

絶妙な火入れによるねっとり加減。

サラダ油はスッキリと。

 

白子
f:id:ikkoshinagawa:20201119224413j:image

トロンと濃くまったり、もったりな白子にもみじおろしピリ辛、ポン酢の酸味が素晴らしいアクセント。

 

塩あん肝
f:id:ikkoshinagawa:20201119224422j:image

甘く煮付けないあん肝。これ出すのここくらいじゃない?

雑味一切なくひたすらマイルド、コク、厚み。

 

自家製塩辛
f:id:ikkoshinagawa:20201119224410j:image

塩味は抑えられ限りなく輪郭は丸みを帯びた味わい。

 

ガリ
f:id:ikkoshinagawa:20201119224416j:image

目がさめる様なキレキレ感。

酸と辛。砂糖も入ってるけどそれを感じさせないソリッドさ。

 

墨烏賊

f:id:ikkoshinagawa:20201119224441j:image

スッと綺麗な歯切れ。咀嚼を重ねると最後は甘みに。

シャリは若干の酸味を感じた後にスッと引いていきコクを感じるように。

握りは硬すぎず柔すぎずまさに理想的。

 

 鯛

f:id:ikkoshinagawa:20201119224502j:image

皮付き。

 

赤身の漬け
f:id:ikkoshinagawa:20201119224459j:image

三厩?とにかく香りがいい。

ねっとりと香りの持続度を感じながらシャリとの調和を楽しむ。あぁ、鮨って美味い。

 

カッコイイ構図
f:id:ikkoshinagawa:20201119224506j:image

 

大トロ

f:id:ikkoshinagawa:20201119224510j:image

こちらは赤身と母体が違うらしい。

三週間弱。香りはさっきの赤身の方があったけどやはり甘みはこちらに軍配があがる。

 

相変わらず淡々と握っていく佐藤大
f:id:ikkoshinagawa:20201119224513j:image

いい意味でラフ感がある。

 

小肌

f:id:ikkoshinagawa:20201119224529j:image

天草。水分が適度に抜かれみっちり、もっちりとした身質。

〆加減が絶妙すぎる為、残る水分と小肌の旨味、酸、塩が見事なバランス。

 

ブリ

f:id:ikkoshinagawa:20201119224543j:image

脂はしっかりまわってるけど胃もたれするような嫌な脂は一切ない。

 

小柱

f:id:ikkoshinagawa:20201119224553j:image

サクッと歯切れの良い食感、小柱の香り、磯の香りの後に唾液と混ざり合う事で貝の甘み。

 

f:id:ikkoshinagawa:20201119224629j:image

甘く濃厚なツメの存在感に意識がいきがちだが徐々に蛤本来の香りが主張。次第にシャリとの見事な調和に驚かさせる。

下手したらツメに負けそうになるところをしっかり相乗効果となっている。

 

春子鯛
f:id:ikkoshinagawa:20201119224624j:image

酢〆。口当たり滑らかで優しくほどける。

 

イクラ

f:id:ikkoshinagawa:20201119224658j:image

一粒一粒の濃度が高く塩味は抑えられてる。

新いくらとまでは行かないが皮も程よく柔らかい。

次第に海苔との調和も楽しめる。

 


f:id:ikkoshinagawa:20201119224704j:image

これが個人的に握りで今日一。

秋の脂ののった鰆はトロンと口触り滑らか。

ねっとりと程よく脱水され旨味、香り、甘みの三拍子。

つまみの鰆もよかったけどシャリと合わせると倍増するなぁ。

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20201119224645j:image

存在感ある大きさ。鮨屋の海老はこうでなきゃ。

 

ムラサキウニ
f:id:ikkoshinagawa:20201119224649j:image

こんもんりと盛ってもらった。幾分水分少なめめもっちりと。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20201119224707j:image

サイズ大きくかなりのきめ細かさ、滑らかさが舌を覆う。

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20201119224655j:image

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20201119224652j:image

胡麻がいい。

 

北海道「上川大雪」

奈良県「風の森」

岩手県「赤武」

神奈川県「相模灘

三重県高砂

宮城県「日高見」

 

日本酒かなりのんだけど一人あたり24,000円。

個人的には鮨屋で3万オーバーだと一気に再訪のハードルは下がる。

だって全てのネタが完璧なクオリティじゃなくていいんですもん。実は緩急ついたコースの方がちゃんと印象に残ってるもんです。

これだけ食べてこの金額だとやっぱりいい印象しかないしまた来ようと思える。

ごちそうさまでした!

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com