品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数17万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【新宿】らぁめん 満来 : 「ざる」のつけダレはいま食べると割と角がある。(261杯目)

本日は久々に新宿の「らぁめん 満来」へ。

新宿を代表する老舗ラーメン屋で大勝軒と並ぶつけ麺の先駆者的な存在と言えよう。

f:id:ikkoshinagawa:20210227094344j:image

まだ私が小学生の頃に親父と新宿ヨドバシカメラに立ち寄った帰りにここの「ざる」を食べた記憶が甦りちょっとセンチな気分に。

f:id:ikkoshinagawa:20210227094347j:image

時刻は19時前で客入りは7割ほど。

この後特に飲む予定もないが名物のチャーシューざるは少し重過ぎるので「ざる」にでもしておく。

 
ざる 1,000円
f:id:ikkoshinagawa:20210227093712j:image

ここではつけ麺は「ざる」という名称で上には海苔が乗っている。

中には刻みチャーシュー、メンマ、ネギ、一味唐辛子、黒胡麻
f:id:ikkoshinagawa:20210227093705j:image

スープ自体はオイリーな清湯系。

やはりあのバカでかいチャーシューが乗ってないと少し寂しい気はする。

 

麺量は300gくらいだろうか?
f:id:ikkoshinagawa:20210227093715j:image

昔から変わらない中太微縮れ麺。

高加水の麺は縮れならではの独特の食感と風味。

単体でも十分味がある美味しい麺だ。

 

早速つけダレにつけてズズッと。
f:id:ikkoshinagawa:20210227093721j:image

甘味酸味のあるつけダレは思った以上に塩分が強く濃い。

あれ?こんなに塩分強かったかな?

今まで飲んだ後に食べていたからそこまで気にならなかったのかも。

 

特にメンマは味がしっかりと染み込んでおり、かなり甘じょっぱく感じる。

食べられないわけじゃないがつけダレの角に意識がいってしまう為、つける量を調整していただく。

f:id:ikkoshinagawa:20210227093708j:image

当初は「つけ麺に海苔は邪魔だ」と思ったが案外、風味がいいアクセントになっている。

こうして細かくカットしてあるからだろう。

たまにつけ麺で海苔が一枚どーんと入ってる事があるがあれは食べにくくて仕方がない。

f:id:ikkoshinagawa:20210227093700j:image

チャーシューは「チャーざる」のあの大きさを知っているからこそ物足りなさを感じるが、ただでさえ麺の量が多いので食べ進めていくうちにやっぱりこの量で良かったなと感じる。

脂身はほぼなくクセのない肉質。

 

どうせならスープ割りを。
f:id:ikkoshinagawa:20210227093718j:image

熱々の出汁が加わると酢の酸と一味唐辛子がグッと引き立ち一気に印象が変わる。

あぁ、美味い。

ただし酸が強すぎて出汁の正体が掴めそうで掴めないモヤモヤ感はある。

(恐らく鶏ガラか豚骨だろう。)

 

この店を「あっさり」と表現する人がいるがこのつけダレは到底あっさりとは程遠い。

どちらかと言えば酸、甘に塩分ガッツリ、一味唐辛子でピリッとしたクセのあるもので慣れたら中毒になりそうなタイプ。

次来るならラーメンを頼もうかな。

ごちそうさまでした!

 

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com