品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数18万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【大塚】蒼天 : 多くの名店を生む大塚の「蒼天」!巧みな火入れによる至極の串に唸る!

本日は少し早めの時間から一人焼鳥でも。

場所は大塚駅より徒歩5分ほど。

f:id:ikkoshinagawa:20210210123202j:image

渋谷の「とり茶太郎」、荒木町の「焼鳥 おがわ」など多くの名店を生む店。
f:id:ikkoshinagawa:20210210123158j:image

店に入るとカウンター、奥にテーブル席と個室があり席数はなかなか多め。

シックな空間にBGMもお洒落でデートや接待としても使えそう。

箱が大きいので予約も取りやすい。

 

目の前で職人さんが焼くライブ感。

f:id:ikkoshinagawa:20210210123214j:image

高温の炭火なのでかなり細かくひっくり返している。動きに全く無駄なし。

途中から客が増え店も活気も出てきた。

 

コースは一品料理がいくつも入った「蒼天コース」5,200円、焼鳥メインの「串コース」3,500円、「5本セット」1,800円の3つ。

あとはアラカルトで。

 

あまくまで焼鳥を食べたかったので今回頼んだのは串コース(3,500円)

f:id:ikkoshinagawa:20210210080233j:image

まずはビールで喉を潤し胃袋の調子を整える。

以下いただいた料理。

 

ハツ

f:id:ikkoshinagawa:20210210123305j:image

プリッと柔らかく、軽さのある食感にじゅわりと滲む肉汁。

 

ふりそで

f:id:ikkoshinagawa:20210211114152j:image

羽を動かす肩の筋肉という事で力強い歯応えが特徴的。

皮はパリッと香ばしく、ジュワっと肉汁が口内にて派手に溢れる。

 

もも

f:id:ikkoshinagawa:20210211114317j:image

ホロホロ鳥のもも肉。こちらも理想的な皮パリ。

脂を内包した非常に旨味の強い肉質。

 

椎茸の肉詰め

f:id:ikkoshinagawa:20210211115050j:image

炭の香りを纏った椎茸、溢れ出る肉汁

 

長芋
f:id:ikkoshinagawa:20210211115045j:image

とにかくファーストインパクトは炭の香り。

熱々の長芋はシャリっと爽快、トロンと旨味あり。

 

茶碗蒸し

f:id:ikkoshinagawa:20210211115536j:image

上にバジルバターソース。

胃の奥が温まる。

 

手羽

f:id:ikkoshinagawa:20210310154832j:image

熱々だがここは手でガブリと。

皮はパリッと、張りのある

香り良く、骨太な旨味。

 

追加 鴨ササミの藁焼き
f:id:ikkoshinagawa:20210211115539j:image

しっとりとしてきめ細やかな肉質。

藁の香りが相乗効果に。

 

追加 つくね

f:id:ikkoshinagawa:20210211115712j:image

ベルパークノールチーズというスイスのチーズと共に。

レバーなどの鉄分を入れることでチーズの酸とが合わせているらしい。

 

〆の塩ラーメン

f:id:ikkoshinagawa:20210211115736j:image
f:id:ikkoshinagawa:20210211115733j:image

鶏出汁が効いた無化調スープ。

全体的にはライトだけど色々食べた〆としてならこの位が疲れずベスト。

 

お会計はビール一杯に日本酒一合で合計約6,800円。

客層的には地元の人が多いのだろうか?

職人による確かな火入れに一品物も趣向を凝らしたものばかりで価格も高すぎず。

焼鳥の世界も面白い。

ごちそうさまでした!