品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数17万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【宅マシSHOP】二郎系豚骨柚塩ラーメン「柚でる」を試食してみた感想

本日は元二郎系・現焼肉屋による二郎系通販サイト「宅マシSHOP」の新作である二郎系豚骨柚塩ラーメンを試食。

商品名は「柚でる」。

価格は1,090円(送料別)。

 

内容物

f:id:ikkoshinagawa:20210308190727j:image

・冷凍真空パックのスープ(中に豚2枚、アブラ入)

・冷凍袋生麺200g (浅草開化楼麺)
・もやしとほうれん草のナムル
・柚皮
・柚カエシのタレ(お好みで柚の濃さを調整)

 

スープは湯煎で約 7分~12分、麺は別茹で7~8分ほど。

f:id:ikkoshinagawa:20210308190739j:image

 

完成

f:id:ikkoshinagawa:20210311152215j:image

今回は柚塩という事でニンニクはなしにしとく。

別にモヤシを足しても良さそうだ。

f:id:ikkoshinagawa:20210311152308j:image

ベースのスープに柚が入ってるわけではなくあくまで塩豚骨。クリーミーだけど塩分が立っておりスープとしてのクオリティも十分に高い。

f:id:ikkoshinagawa:20210308191829j:image

そこに柚皮と一緒にすすると柚の爽やかな風味がプラスしこれがまた合うのなんの。

そもそも豚骨と柚って濃厚つけ麺でもあるあるの鉄板要素。

それを今回前面に押し出したというわけか。
f:id:ikkoshinagawa:20210308191826j:image

麺は定番の開化楼の極太縮れ麺。

このスープとも相性がいい。
f:id:ikkoshinagawa:20210308191837j:image

柚皮をたっぷり絡ませてズズッと。

これ、美味いじゃないの。

塩豚骨はカネシ醤油とはまた違った魅力がある。
f:id:ikkoshinagawa:20210308191822j:image

脂身は大きくこいつも麺に絡めていただくとなんともいえない甘さが。
f:id:ikkoshinagawa:20210308191841j:image

豚もホロホロでかなりレベル高いです。

さすが母体が焼肉店だけある。

f:id:ikkoshinagawa:20210311152239j:image
ニンニク入れるとなんだか風味が消えそうな感じがしないでもないので今回はいれなかったがそれでも正直言ってハイレベルな一杯です。

塩豚骨+柚というありそうでなかった二郎系をご家庭でも是非。

 

www.ikkoshinagawa.com