品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数17万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【大門】鮨 浩也: つまみ5種に合わせた圧巻の日本酒ペアリング!ここにしかない肴と握りに酔いしれる!(117軒目)

本日は約半年ぶりの「鮨 浩也」へ。

場所は大門駅より徒歩5分程。

オープンは2020年7月6日。

f:id:ikkoshinagawa:20210310225349j:image

半年前はまだオープンしたてという事もありオペレーションの部分が安定していなかったりしたが今回はその辺りも含めてどう進化したのか確認しに行こうかと思う。

 

大将: 本橋拓也さん

f:id:ikkoshinagawa:20210412075407j:image

年齢は20代後半。魚の知識も豊富で勉強熱心。

性格はとにかくマジメ。

私生活を聞くとまさに遊びより鮨の人。

逆にそっちが心配になるくらい。

 

筍と山菜のお椀

f:id:ikkoshinagawa:20210310225539j:image

食材の香りと酒の木の香りの一体感。

蛤の出汁に春野菜のほろ苦さのバランスがよく、筍は天ぷらにすることにより旨みや水分を逃さない。

 

真鯖
f:id:ikkoshinagawa:20210310225509j:image

脂ガッツリだが変なクドさはなく旨味強い。

海苔の香りにシャリの酸がより引き立たせる。

 

サツマイモ豆腐
f:id:ikkoshinagawa:20210310225438j:image

ソースは京都の金時人参と苺を合わせたもの。

苺の甘さはなく風味だけ。あくまで甘さはサツマイモから。

 

春子鯛
f:id:ikkoshinagawa:20210310225546j:image

立塩(食塩水)でなく昆布出汁に塩を入れて〆た春子鯛。

昆布の風味。とろける身質。

 

墨烏賊
f:id:ikkoshinagawa:20210310225535j:image

気持ちいい食感。

 


f:id:ikkoshinagawa:20210310225519j:image

背中は皮が硬くなりやすい為、腹の部分と二枚にしている。

 

原木椎茸
f:id:ikkoshinagawa:20210310225451j:image

原木椎茸を天ぷらに。黄ニラを使ったソース。椎茸の旨味。

 

カジキマグロ
f:id:ikkoshinagawa:20210310225542j:image

切付してから40分ほど昆布の上に置き香りをつけ、中には木の芽を忍ばせる。 

 

赤身
f:id:ikkoshinagawa:20210310225505j:image

山口県萩、60キロ、定置。みずみずしさ残る。

 

北寄貝
f:id:ikkoshinagawa:20210310225522j:image

サクッ、プリッと食感はいいが甘さはもうひとつ。

 

槍烏賊の印籠づめ
f:id:ikkoshinagawa:20210310225445j:image

 こちらにも木の芽を忍ばせている。

 

虎河豚の白子
f:id:ikkoshinagawa:20210310225533j:image

ここにイクラの醬油漬けを裏ごししたものと胡椒。

リゾットだから黒コショウ

定番の出し方に一手間加えたアイディア料理。

 

鱒の介
f:id:ikkoshinagawa:20210310225434j:image

 

茶碗蒸し
f:id:ikkoshinagawa:20210310225441j:image

長崎のホワイトアスパラガスを使った茶碗蒸し。

だいぶクリーミーさが強め。

アスパラガスの苦味

 


f:id:ikkoshinagawa:20210310225454j:image

 

アブラボウズの西京焼き
f:id:ikkoshinagawa:20210310225515j:image

 

サヨリ
f:id:ikkoshinagawa:20210310225501j:image

 

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20210310225529j:image

揚げ蒸しという他でやってない技法。

プリッとしてほんのりオイリーさと海老の香りが相まる独特な一貫。

 

メヒカリ
f:id:ikkoshinagawa:20210310225550j:image

東京だと珍しいメヒカリの握り。

とろんと舌触り良く蕩け、シャリをうまく食わせる。

 

ホタルイカのお鮨
f:id:ikkoshinagawa:20210310225458j:image

 ホタルイカを行者ニンニクと炒めて、いたたいて酢飯と和えたもの。

 

メジマグロ
f:id:ikkoshinagawa:20210310225526j:image

個体は8キロ。藁で軽くスモークし、当たりネギを忍ばせコクを出す。 

 

トロタクの手巻き
f:id:ikkoshinagawa:20210310225448j:image

とにかく薬味のカットバランスが秀逸。

ネギの食感、香りに海苔の香り、コクと旨味のトロ、シャリと素晴らしく本当に美味しかった。

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20210310225512j:image

 

ペアリングのお酒

f:id:ikkoshinagawa:20210421075500j:image
f:id:ikkoshinagawa:20210421075536j:image
f:id:ikkoshinagawa:20210421075533j:image
f:id:ikkoshinagawa:20210421075514j:image
f:id:ikkoshinagawa:20210421075511j:image
f:id:ikkoshinagawa:20210421075503j:image
f:id:ikkoshinagawa:20210421075527j:image
f:id:ikkoshinagawa:20210421075520j:image
f:id:ikkoshinagawa:20210421075507j:image

 

お会計26,400円。

確実に言えることは半年前よりも確実に料理のレベルが上がってるということ。

出してる素材は変えてないらしく仕込みやバランスなどを変えることでここまで劇的に美味くなるのかと感心。

さらに本橋大将の雰囲気もオープン当初と比べて余裕が出てきたのか、なんとなく角が取れた感じがしたのも大きいのかも。

人も入ってオペレーションも落ち着いてきたしそれが店のこの雰囲気に直結してる部分って大きいのかも。

料理っていうのは人柄が出る。本当にその通りだ。

ごちそうさまでした!

 

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com