品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数18万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【西麻布】うし松: 驚異の47ヶ月飼育の特産松阪牛一頭買い!これ以上ない和牛の最高峰をうし松にて頂いた!

本日は西麻布にある焼肉マニアの間で話題の「うし松」へ。

オープンは2020年1月。

はやくも予約困難店となっているようです。

f:id:ikkoshinagawa:20210407164750j:image

場所は六本木駅より徒歩15分位。

フレンチレストランのル ブルギニオンから少し歩いた所です。
f:id:ikkoshinagawa:20210407164747j:image

本日は和牛を語らせたら右に出るものはいない小池克臣さんと同席。

小池さんチョイスでおまかせコース16,500円に名物の縛りタン、ユッケを追加。

 

まずは本日のお肉。

f:id:ikkoshinagawa:20210407165042j:image

黒毛和牛は全国の中で作られているが、大抵はどこかの牛との混合だったりする。

その中でも純血の和牛が兵庫県の「但馬牛」でありその但馬牛の子牛から育った松阪の牛が「特産松阪牛」である。

純血が故に希少価値が高く、ランクはA4だとかA5だとかの表記ではなく「特産」。

このスペシャルな和牛が本日のお肉。

f:id:ikkoshinagawa:20210407165024j:image

通常26~27か月で出荷となるがなんと驚異の47か月飼育。

味の濃さ、香りが格段に強く、また店側もこの牛を活かす調理法を徹底していた。

以下、いただいた料理。

 

テールスープ

f:id:ikkoshinagawa:20210407165007j:image

まずはテールスープで胃を温めてコーススタート。

 

自家製前菜の三種盛り合わせ
f:id:ikkoshinagawa:20210407164937j:image

左は色んな脂ののった部位から作った自家製コーンビーフ。一頭買いだからできる贅沢な料理である。

脂も軽さがありクドさは一切なくあるのは旨味だけ。主役になれるコーンビーフ

 

自家製ユッケ
f:id:ikkoshinagawa:20210407164909j:image

こちらは特産松阪牛のサーロインを使用したコースにない追加メニュー。
f:id:ikkoshinagawa:20210407164917j:image

口溶けの良さは勿論、タレが全く邪魔することはなく肉本来の味をしっかりと堪能できる。

 

タン3種盛り合わせ
f:id:ikkoshinagawa:20210407164922j:image

特選タン元、熟成タン塩、縛りタン。

 

うし松名物の縛りタン
f:id:ikkoshinagawa:20210407165000j:image

中にネギが入っていてこぼれないように十字にネギで縛ってある。

中のネギを蒸し焼きにして食べる。

 

特選タン元
f:id:ikkoshinagawa:20210407164840j:image

食感はひたすら爽快。サクッとしてプリプリ。

雌の松阪牛特有の脂の軽さも特徴。

 

中のネギを蒸す感覚。
f:id:ikkoshinagawa:20210407164925j:image

タンは薄く、中のネギはホクホク。

火入れによりネギは甘みを増している。

もはや一品料理として完成されている。

 

ミスジ・ハラミ
f:id:ikkoshinagawa:20210407164853j:image

 

ハラミ
f:id:ikkoshinagawa:20210407164900j:image

そのまま、ニンニク、生姜醤油の3種類を3口で。

噛み締める度に滲み出る肉汁、肉本来の旨味を堪能。

 

ミスジ
f:id:ikkoshinagawa:20210407164849j:image

繊維がほどける感覚でとても柔らかいんだけど味はしっかりと。 

 

花山椒と特産松阪牛サーロインのしゃぶしゃぶ
f:id:ikkoshinagawa:20210407165003j:image

まさか焼肉屋さんで花山椒をいただくとは。

f:id:ikkoshinagawa:20210407164929j:imagef:id:ikkoshinagawa:20210407164913j:image

出汁は昆布出汁。

牛の香り、甘みがなんとも素晴らしい。

 

シャトーブリアン
f:id:ikkoshinagawa:20210407164948j:image

 

断面がまるで漫画のスクリーントーン
f:id:ikkoshinagawa:20210407164933j:image

 

シャトーブリアン、シンシン
f:id:ikkoshinagawa:20210407164955j:image

 

シンシン
f:id:ikkoshinagawa:20210407164941j:image

シンシンは軽く焼いて赤い部分を残してやる。

フワッと軽い肉質。蕩けるタイプでなくしっかりと肉の食感を堪能。

 

シャトーブリアン
f:id:ikkoshinagawa:20210407164904j:image

繊維が非常にきめ細かいシャトーブリアンはただ柔らかいだけでなくちゃんと牛本来の味、香りがしっかりと。

特にタレが肉の味を邪魔しない味付けなのが素晴らしい。

 

ヒレカツサンド
f:id:ikkoshinagawa:20210407164944j:image

サクッとしたパンの焼き加減、スッと何のストレスもなく繊維がパックリいく肉質、ソースがまた相乗効果。

この上ない最高のカツサンド

 

特産松阪牛の牛丼
f:id:ikkoshinagawa:20210407164952j:image

サッと割下で火を通しご飯の上に。
f:id:ikkoshinagawa:20210407164843j:image

特産松阪牛のロースで作った究極の牛丼。

なんという柔らかく優しい肉質だろう。

割下は砂糖は一切使わず玉葱の甘みだけで全く牛の味を邪魔しない。

 

自家製プリン
f:id:ikkoshinagawa:20210407164856j:image

濃厚です。デザートまで手抜きなし。

 

お会計は約25,000円。

肉質の素晴らしさは言うまでも無いが今回特に感動したのがタレや味付けのこだわり。

肉の味、風味を活かすよう徹底されており、焼肉を食べてるのにまるで和食を食べている様な感覚に。

タレがここまで美味いとは恐れ入りました。

余計な物は足さない。素材を活かす。

素晴らしき和食。

ごちそうさまでした!

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com

www.ikkoshinagawa.com