品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数17万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【岐阜県大垣市】寿司 松岡: 伝統のシャリにこだわり抜いたネタ!岐阜で食べる意識高い江戸前鮨!(120軒)

久々に鮨全国制覇を再開。

今回は岐阜県大垣市にある「寿司 松岡」へ。

たまたま大将が私の動画の視聴者さんであったことがきっかけでお邪魔させてもらう事にした。縁は大事にしましょう。

 

という事で名古屋からJR東海道本線で30分ほど電車に揺られ大垣駅へ。

大垣駅からはタクシーで5分ほど。

f:id:ikkoshinagawa:20210418140548j:image

もともと祖父母の代に名古屋で松岡旅館を営んでおりこちらに移る際に暖簾分けし業態を変え、現在の「寿司 松岡」となったようだ。

いまの大将である林幸生さんは3代目にあたり、握りは弟さんと2人でやられている。

 

左)林幸生さん、右)林益大さん

f:id:ikkoshinagawa:20210418142541j:image

お二人とも客あしらい上手く、時たま弟さんがお兄さんをいじったりつっこんだり非常に和気あいあいとした和やかな雰囲気。

カウンターは6席だがテーブル席、座敷とありかなり席数は多い。

f:id:ikkoshinagawa:20210418140831j:image

価格帯の設定は地方鮨の悩みどころだが豊洲、名古屋、その他各地から良いものを仕入れバランスをとっている。

かなり研究熱心な様でものによっては熟成もする。

地元の人が来ても江戸前を楽しめるし、逆に都内から来ても地方を楽しめるラインナップとなっている。

以下、いただいた料理。

 

ホシガレイ・トリガイ白海老
f:id:ikkoshinagawa:20210418140745j:image

三河ホシガレイは味もよく大阪湾のトリガイも甘みがよく出てます。

こちらは朧昆布で挟んだ新物の白海老
f:id:ikkoshinagawa:20210418140706j:image

 

太刀魚
f:id:ikkoshinagawa:20210418140828j:image

鹿児島から直。4.8キロと立派なサイズならではの脂ののり方。

身のほぐれだけでなく皮の旨味もしっかりと。

 

揚げ焼き牡蠣
f:id:ikkoshinagawa:20210418140815j:image

三重県の答志島「桃こまち」。産直。

大ぶりの牡蠣に薄く衣をつけ軽く揚げてから醤油を塗り焼いたもの。

衣が旨味のコーティングの役割を果たしメイラード反応でこんがりと。

この寿司 松岡オリジナルのアプローチが面白い。

 


f:id:ikkoshinagawa:20210418140732j:image

海苔で巻き、中にはネギ、大葉、ガリ

程よい脂ののり。

 

ノドグロTKG
f:id:ikkoshinagawa:20210418140739j:image

対馬。ブランドの紅瞳。

ぐちゃぐちゃに混ぜシャリに脂を馴染ませる。

シャリは黄身醤油。甘みは砂糖。

 

平貝
f:id:ikkoshinagawa:20210418140812j:image

愛知。塩とスダチで。海苔は有明。とても香り高く華やかだ。

しゃくしゃくの平貝も一見淡白だが咀嚼する度にしっかりと味が出てくる。

 

ガリは2種類
f:id:ikkoshinagawa:20210418140839j:image

新生姜と黄金生姜。

 

イシダイ
f:id:ikkoshinagawa:20210418140753j:image

握り一発目は鹿児島の石鯛。2.6キロ、7日目。

非常に滑らかで口当たり良く香りに品格がある。

シャリは雑穀酢、砂糖を使用し、ほんのり甘くネタとの相性が凄くいい。

このシャリと一発目の白身で方向性が明確となる。

 

剣先烏賊
f:id:ikkoshinagawa:20210418140749j:image

細かく包丁を入れドロっと蕩けさせシャリと一体化をはかる。

烏賊の甘みとシャリの甘みが掛け合わさり錦胡麻が絶妙なアクセントとなる。

 

縞鯵
f:id:ikkoshinagawa:20210418140713j:image

鹿児島。1.5キロ。7日目。身質柔らかく、非常にクリアな旨味がと余韻が印象的。

 

つぶ貝
f:id:ikkoshinagawa:20210418140716j:image

こりこりっと繊維をかんじる切り付け。

じんわりとした旨味と甘み。

 

金目鯛
f:id:ikkoshinagawa:20210418140822j:image

勝浦。6日目。

トロンと口溶け良く淫脂の甘み。

 

車海老
f:id:ikkoshinagawa:20210418140825j:image

三河湾。レアまではいかないが火入れ弱め。

海老頭は香ばしく海老味噌のコクと香りが鼻腔に広がる。

 

キンキ
f:id:ikkoshinagawa:20210418140800j:image

網走。肝のせ。活〆。上には肝とポン酢おろし。

血抜きが丁寧。脂の甘みがなんとも上品。

 

本日は雲丹食べ比べ。

まずは東沢水産のムラサキウニから。
f:id:ikkoshinagawa:20210418140818j:image

 

ムラサキウニ
f:id:ikkoshinagawa:20210418140735j:image

雑味なしの直線的な旨味。

 

次はマルスズ 鈴実水産のバフンウニ
f:id:ikkoshinagawa:20210418140727j:image

 

バフンウニ
f:id:ikkoshinagawa:20210418140808j:image

海苔に巻かれてるけどかなり沢山入れてくれました。コクと甘み強め。

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20210418140742j:image

千葉銚子。延縄。81キロ。漬け。

時期的に脂が抜けてくるが良い感じです。

シャリの温度を上げた為、シャリの甘みが甘みが強くなった。

だがこれがまた鮪と合う。甘めのシャリと鮪はなかなか都会にはない新感覚。

しかも温度を上げる江戸前の仕事をキチンとされてる事に意識の高さが伺える。

 

大トロ
f:id:ikkoshinagawa:20210418140757j:image

脂の甘みの主張。

 

帆立
f:id:ikkoshinagawa:20210418140710j:image

ツメはほんの少しだけ。

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20210418140719j:image

三重県若松。熱々の穴子は非常にものがよく、脂もあるがクドさはなく、本来の香りも素晴らしい。

 

デザートとして加藤農園のフルーツトマト「きわめ」
f:id:ikkoshinagawa:20210418140836j:image
f:id:ikkoshinagawa:20210418140805j:image

いわゆる高級トマト。

糖度が物凄く高くまるでフルーツ。

だけど甘ったるさはなく清涼感もあるのが流石。

 

あかだし
f:id:ikkoshinagawa:20210418140723j:image

 

三代目ということもありシャリなどは先代からの伝統を受け継ぎつつも、ネタに対してのアプローチは洗練されたもの。

海なし県ではあるが自信のあるネタを仕入れ、尚且つ江戸前の仕事もキチンとされています。

お会計は約2万円。

店の雰囲気はひたすら暖かく、岐阜にまた素敵なお店を見つけてしまいました。

ごちそうさまでした!