品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数18万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【六本木】澤いち: 誰が食べても満足できる正統派和食

六本木駅より徒歩1分の「澤いち」へ。

六本木ヒルズ方面です。

f:id:ikkoshinagawa:20211208001434j:image

お香の香り漂う店内、靴を脱ぐとそのまま掘りごたつ式のカウンターに案内される。

個室もあるようだがライブ感はやはりカウンターに尽きる。

料理はあくまで正統派日本料理。

そのままコースは静かに終わるかと思われた。

 

だがそこから蟹味噌ラーメンなるとんでもない激ウマ料理が出てくる。

さらに尻尾をふって欲しがる我々に応えてくれた心優しい大将は次に蟹味噌の熱燗を出してくれすっかり火照ってきた頃に桜海老の炊き込みご飯を出してきた。

極め付けは手打ち蕎麦である。

いつ死んでも悔いはないという恍惚の表情を浮かべたまま我々は店を出るのであった。

以下、いただいた料理。

 

 

香箱蟹

f:id:ikkoshinagawa:20211208001514j:image
f:id:ikkoshinagawa:20211208001512j:image
f:id:ikkoshinagawa:20211208001509j:image

内子、外子、身とひと通り綺麗に詰められてます。これ凄い手間なんだよね。手を汚すことなく一気に食べられる贅沢さ。

 

甘鯛のかぶら蒸しのお椀
f:id:ikkoshinagawa:20211208001518j:image

蕪の柔らかい甘みとホロッとしたグジの身の甘み、そして澄んだ出汁。私の中の邪心が消える様です。消えないけど。

 

刺身

f:id:ikkoshinagawa:20211208001506j:image

大間の鮪、山口の赤貝、鯛、喉黒。

喉黒だけ焼きで。

 

虎河豚の白子の蒸し寿司
f:id:ikkoshinagawa:20211208001503j:image

虎河豚の白子は極厚の旨味。

焼かれた白子をご飯とぐちゃぐちゃに混ぜてリゾットの様にして。

 

鮑と蛤スープ

f:id:ikkoshinagawa:20211208001735j:image

蛤スープに浸かった鮑は鮮度抜群が故にコリッコリ。

f:id:ikkoshinagawa:20211208001717j:image

貝の旨味が出た冷たい蛤スープと共に目の覚める様な歯応えを堪能。

f:id:ikkoshinagawa:20211208001745j:image

酸味の効いた肝ソースをたっぷりつけて。

 

焼物
f:id:ikkoshinagawa:20211208001727j:image

見た目からとても綺麗。コースの中盤で八寸が出るとは。

 

太刀魚、海老芋 湯葉のあんかけ
f:id:ikkoshinagawa:20211208001729j:image

きめ細やかな海老芋にふっくらとした太刀魚。

 

ズワイガニの鍋
f:id:ikkoshinagawa:20211208001724j:image

勿論蟹も味噌も旨い。
f:id:ikkoshinagawa:20211208001738j:image

だが何気にシャキッと香りのいいネギが準主役級の働きをみせる。

 

蟹味噌ラーメン
f:id:ikkoshinagawa:20211208001715j:image
f:id:ikkoshinagawa:20211208001743j:image

ほんのり甘みがあり、出汁と味噌のトロミあるスープを麺がリフト。無心でバキューム。

 

蟹味噌の熱燗
f:id:ikkoshinagawa:20211208001740j:image

もはやムラついてくるわ。

 

桜海老の炊き込みご飯
f:id:ikkoshinagawa:20211208001720j:image

揚げた桜海老の香ばしい香りと食感。

おかわりしちゃった。

 

自家製手打ち蕎麦
f:id:ikkoshinagawa:20211208001732j:image

蕎麦まで打たれるとは。コースの〆ということでつゆは濃すぎず、喉越しよし、香りよし。

 

今日も大満足。

和食って素晴らしい。

ごちそうさまでした!