品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数18万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【内幸町】タコムマサラダイナー 日比谷:旧ヤム邸出身の藤田シェフによる新ジャンル「スパイスたこ焼き」が中毒的な旨さだった!

本日は大人のフードコート「日比バル」内にあるたこ焼き屋「タコムマサラダイナー」へ。

いまやスパイスカレーブームの火付け役の一つである「旧ヤム邸」出身の藤田シェフによる新たなお店。

f:id:ikkoshinagawa:20211116085305j:image

単に「たこ焼き」と言っても旧ヤムイズムを踏襲しつつ新たなスパイスの可能性を模索した「スパイスたこ焼き」という新ジャンルである。

f:id:ikkoshinagawa:20211116085249j:image

昼は旧ヤム邸として営業。

夜はタコムマサラダイナーとなり二毛作営業。

 

メニュー
f:id:ikkoshinagawa:20211116085340j:image
f:id:ikkoshinagawa:20211116085345j:image

たこ焼き以外にも手の凝ったスパイシーなつまみが用意されているということでお酒を飲みながらみんなでワイワイたこ焼きをつまむとする。

以下、いただいた料理。

 

 

揚げ茄子の粒マスタード煮 350円

牡蠣のアチャール 420円
f:id:ikkoshinagawa:20211116085354j:image

たこ焼きに行く前にスパイスを使った一品料理でまずは胃を刺激。

特に牡蠣のアチャールのスパイスの辛さとレモンの酸味の強烈な旨さはクセになります。

 

スパイスたこ焼き 500円
f:id:ikkoshinagawa:20211116085350j:image

具材かなり細かく刻んでおり、蛸、牛すじ、こんにゃく、レーズンなど10種類ほど。

生地は小麦粉が少なくトロッとして軽め。

じんわりとスパイスを感じ、細やかな具材の旨味が広がりをみせる。

見た目地味なんだけど単調さは皆無。正直言ってソースとかいらないです。十分手が混んでるんだから。

 

辛口スパイスマサラたこ焼き 500円

f:id:ikkoshinagawa:20211116085328j:image

デフォよりスパイスの種類が増え、さらにトマト、パクチーが入ったもの。

スパイシーで刺激的な辛さも心地よく、個人的にはこれが一番のお気に入り。激辛好きは絶対にこちら。

 

マトンの香辛野菜炒め 580円
f:id:ikkoshinagawa:20211116085311j:image

こちらもスパイスを使用し醤油で味付けしたもの。マトンは臭みなく、味も変に濃さがなくスパイスを存分に味わえる。

 

チーズマヨネーズ、サルサソース 各620円
f:id:ikkoshinagawa:20211116085254j:image

一気に見た目映えます。たこ焼きって割と色々応用効くよね。

ベースのスパイスたこ焼き自体が旨いからどれを食べても足し算的に旨くなる。サルサ

 

辛口チキン黒カレー チーズがけ 1,200円
f:id:ikkoshinagawa:20211116085318j:image

〆に夜限定のカレーを。さすが旧ヤム邸だけあって彩り豊か。

f:id:ikkoshinagawa:20211116085333j:image

ここまでくると口内はスパイス一色。

ハイボールと合わせて食べてたので若干口内が麻痺ってきてるがさらにそこに〆スパイスカレーでアドレナリン放出。いい汗かいた。

 

大阪はいまやスパイスカレーの街だそうで強みである「たこ焼き」と「スパイス」を掛け合わせた中毒性の高いもの。

単にインパクトだけ狙ったものでなく具材の配分やサイズ、調和など非常に考えられたたこ焼きだった。

たこ焼きからの〆スパイスカレーで身体も口内もポカポカ。

ごちそうさまでした!