品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数19万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【六本木】ウルフギャング・ステーキハウス :全肉好きを満足させる最高級熟成肉のTボーンステーキを食らう!

本日は六本木の「ウルフギャング・ステーキハウス」へ。

場所は六本木赤より徒歩5分ほど。

f:id:ikkoshinagawa:20220129102602j:image

NYのピーター・ルーガーで40年以上ヘッドウェイターとして活躍したウルフギャング・ズウィナー氏が独立し、2004年にマンハッタンに開いたステーキハウス。

2014年にオープンした日本国内1号店の六本木店はアメリカ国外初出店となる。

f:id:ikkoshinagawa:20220129102616j:image

肝心の肉は米国農務省が認めた最上級品質「プライムグレード」を専用の熟成庫を設けて冷凍せずにチルドで仕入れた肉を28日ほどかけて長期乾燥熟成させる。

店内は広く開放感があり席数はなんと178席。金曜日の夜だがコロナ禍の影響なのか空席もちらほら。

外国人のお客さんも多め。

本日はコースでなくアラカルトで。

 

メニュー

f:id:ikkoshinagawa:20220129102808j:image

以下、いただいた料理。

 

 

パン
f:id:ikkoshinagawa:20220129102802j:image

オーダーしなくても出てきます。

けど肉が出てきてからにしましょう。

最初に食べるとすぐに満腹になる可能性大。

 

フレッシュオイスター
f:id:ikkoshinagawa:20220129102706j:image

映えな皿で提供。

ビネガー、ケチャップが意外と合う。

 

ルッコラのサラダ  パルメザンチーズとりんご添え
f:id:ikkoshinagawa:20220129102739j:image

肉厚なベーコンを追加。f:id:ikkoshinagawa:20220129102735j:image

ほろ苦さのあるルッコラにシャリっとしたりんごの食感がいい。

 

プライムステーキ 3人前
f:id:ikkoshinagawa:20220129102726j:image

ジュワジュワと音を立ててやってきた。

3人前だと迫力が凄い。焼き加減はミディアムレアで。

f:id:ikkoshinagawa:20220129102924j:image

ある程度切った状態でやってくる。

フィレとサーロインをそれぞれ堪能。
f:id:ikkoshinagawa:20220129102745j:image

皿はそれぞれ熱々の状態でやってくるのが嬉しい。

f:id:ikkoshinagawa:20220129102753j:image

熟成肉だけどサーロインはある程度歯応えがあっていかにも「肉食ってます」みたいな赤身感。肉の味も濃くバターの香りもいい。

いい意味で繊細さがなくワイルドに肉を堪能。

シンプルに塩で食べるのが最も旨い。

 

マッシュポテト
f:id:ikkoshinagawa:20220129102730j:image

滑らかでチェイサー代わり。

 

ほうれん草のガーリックソテー
f:id:ikkoshinagawa:20220129102701j:image

チェイサーその2。

 

肉も3人分だとなかなかのボリュームだ。

f:id:ikkoshinagawa:20220129102656j:image

和牛とは違い、アメリカの肉は赤身と歯応えを楽しむもの。

けどやっぱりフィレ肉は食べやすいね。
f:id:ikkoshinagawa:20220129102757j:image

油をかけながらパクパク、モグモグ。

f:id:ikkoshinagawa:20220129102811j:image

徐々に単調になってきたのでここで炭水化物を頼む。

 

ガーリックライス
f:id:ikkoshinagawa:20220129102749j:image

サクサクのガーリックたっぷり。
f:id:ikkoshinagawa:20220129102805j:image

罪悪感満点なガーリック臭がまた食欲をそそります。

肉を食いながらライスをかきこむ、これぞ贅沢な大人のステーキご飯。

 

ワインボトル DuMOL

f:id:ikkoshinagawa:20220129124716j:image

ピノノワールだけどちゃんと骨格がしっかりしていて酸味と華やかな香りが特徴。

 

お会計は一人当たり約33,000円。

ここに来るとやはりステーキはアメ肉ですな。って気分にさせられる。

サービスもとても良く、Tボーンの骨周りの肉も丁寧にとってもらいました。

高級ステーキの名に恥じない店だと思います。

さて、次はピーター・ルーガーにいこうか。

ごちそうさまでした。