品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数19万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【護国寺】炭火焼鳥 そかろ : 名古屋コーチン使用の秀抜なる火入れの串々に一同賛美!頼むべき渾身の5,500円そかろコース!

護国寺にある「炭火焼鳥 そかろ」へ。

場所は有楽町線護国寺駅より徒歩1分。てか駅の目の前。

f:id:ikkoshinagawa:20220221223907j:image

店名の「そかろ」とは店主がかつて住んでいたメキシコの言葉で「広場」を意味する。

「そこにいけば人が集まる」という意味をこめてつけたようだ。

f:id:ikkoshinagawa:20220221223917j:image

コースは2種類で本日は「そかろコース 5,500円」を選択。

扱う鶏は主に名古屋コーチン

焼きは備長炭による遠火なので焦げることもなくふっくらとした仕上がりなのが印象的。

店主と女将さんお二人ともソムリエということでお酒のことも安心して任せられる。

以下、いただいた料理。

 

 

前菜

f:id:ikkoshinagawa:20220221223934j:image

レバーペースト、小鉢には生湯葉スナップエンドウスナップエンドウは炭火の焼き浸し。

 

ササミ
f:id:ikkoshinagawa:20220221223940j:image

うねうねの串打ち。

しっとりとして中心はややレア気味。

柔らかい身質とサッパリな味わい。

 

ハツ
f:id:ikkoshinagawa:20220221223937j:image

二羽分の御命頂戴します。

サクッとプリッと。そしてジューシー。

食感と肉汁、全てが気持ちいい。これに尽きる。

 

ハツモト

f:id:ikkoshinagawa:20220221224039j:image

ハツの血管の部分。

鰻の肝っぽいというか、皮っぽいというか独特な食感です。

ジューシーで味も濃い。

 

むね肉の昆布〆・とりわさ
f:id:ikkoshinagawa:20220221224022j:image

昆布〆のむね肉、ねっとりと昆布による旨味。

 

アスパラガス
f:id:ikkoshinagawa:20220221224024j:image

下にはバターがひいてある。

フレッシュで甘味のあるみずみずしさが爽快。

 

日本酒麴のグリーンサラダ
f:id:ikkoshinagawa:20220221224030j:image

 

ねぎま
f:id:ikkoshinagawa:20220221224008j:image

むね肉はハリのある弾力と噛めば嚙むほど味が出てくる。

 

もも肉
f:id:ikkoshinagawa:20220221224011j:image

こちらはむね肉より皮の脂が印象的。

下の方は大動脈辺りで血の味がより濃い。

 

椎茸
f:id:ikkoshinagawa:20220221224016j:image

品のある燻香が素晴らしく、ジューシーさも。

 

つくね
f:id:ikkoshinagawa:20220221224019j:image

全体的にふわっと柔らかく、そして山芋のトロみによる旨味の一体感。

 

 

レバー
f:id:ikkoshinagawa:20220221224034j:image

プリっとした歯応えあり。残るは旨味。

均一に火が入ってるけどパサつきなし。

 

手羽先・手羽
f:id:ikkoshinagawa:20220221224037j:image

手羽先、手羽元をそれぞれ食べやすいようにカットして。

皮パリの爽快感、ハリのある肉感、骨周り独特の旨味。

 

砂肝
f:id:ikkoshinagawa:20220221224027j:image

サクッとジュワっと水分を内包して。

 


f:id:ikkoshinagawa:20220221224005j:image

音を立ててやってきました。

余計な脂を削ぎ落とし遠火の強火でじっくりと焼き上げることによる旨味とコクの理想的な仕上がり。

 

親子丼
f:id:ikkoshinagawa:20220221224014j:image

卵トロトロ、旨味の塊名古屋コーチン、醤油ガッツリな仕上げの一杯。幸せです。

 

自家製プリン
f:id:ikkoshinagawa:20220221224002j:image

トップシェフがよく使う奥久慈卵を使用。

かなり粘度のあるプリンでカラメルはビターな大人向け。

 

本日のお酒

f:id:ikkoshinagawa:20220221224117j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220221224103j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220221224107j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220221224111j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220221224115j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220221224109j:image

お会計約12,500円。

追加とお酒結構頼んだけどだいぶ良心的な価格。

近火で焦げをカットしながら焼くスタイルとは異なり、遠火でじっくりと均一な火入れを心がける。躍動感というより実直で丁寧な焼鳥。

大将、女将さん共に接客も穏やかで最後までとてもリラックスして過ごすことができた。

良質とはまさにこの店のためにある言葉じゃないかな。

ごちそうさまでした。