品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数19万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【京橋】シェ・イノ : 故・井上シェフの味を継承した王道フランス料理の世界 (25軒目)

京橋の王道フレンチの「シェ・イノ」へ。

フレンチ界では老舗で知らない人はいないくらいの店。

残念なら井上旭シェフは2021年11月に他界。

いまは彼の味を守るため、古賀純二シェフが継承。

f:id:ikkoshinagawa:20220318082540j:image

場所は京橋駅5番出口より徒歩1分。

意外にもビルの一角にある。

f:id:ikkoshinagawa:20220318082528j:image

目の前のスクエアガーデンに20年、移転してからは18年というなかなかの老舗。

だけど店内の壁なんか見ると凄く綺麗にされている。

天井は5mという開放感ある空間に格式高めの雰囲気だが伊東支配人の陽気さのギャップもまたいい笑

 

ディナーの18,700円のコースを選択。

f:id:ikkoshinagawa:20220318082612j:image

どの皿もとことん重厚感あるソースで食わせるクラシカルな王道フレンチ。

「ソースが主役」という極めてフランス料理の基本に忠実と言えよう。

 

黒トリュフを挟んだパスタのラビオリからコースはスタート。

オマール海老の殻の強烈な香りとコクと甘さがたっぷりでたアメリケーヌソースの余韻、サクッとした舌平目の出汁に少しフォンドヴォーをきかせたソースの旨さは感動級。

牛の頰肉の赤ワイン煮込みのソースは今日イチの粘度。

どっしりとして正統派のフランス料理を食べた。

空間含めて非日常のレストラン体験は何物にも変え難い満足感がある。

 

コースは魚料理、肉料理それぞれ3種類くらいの中から選択させるがどれもそそられるので選ぶのが大変。逆に同じ月に2回来れたりする楽しみもあるかも。

以下、いただいた料理。

 

 

ラビオリ、黒トリュフ、栗のソース

f:id:ikkoshinagawa:20220318082557j:image

 

オマール海老、アメリケーヌソース、ホワイトアスパラガス

f:id:ikkoshinagawa:20220318082628j:image

 

フォアグラ、蕪、バルサミコ

f:id:ikkoshinagawa:20220318082642j:image

 

舌平目、フォンドヴォー

f:id:ikkoshinagawa:20220318082653j:image

 

牛の頰肉、赤ワイン

f:id:ikkoshinagawa:20220318082721j:image

f:id:ikkoshinagawa:20220318082738j:image

 

バスク、ガトーショコラ

f:id:ikkoshinagawa:20220318082755j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220318082751j:image

 

本日のお酒

f:id:ikkoshinagawa:20220318082820j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220318082829j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220318082823j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220318082826j:image

お会計約3万円。

井上シェフのDNAを受け継いだ素晴らしきレストランでした。

ごちそうさまでした。