品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数19万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【三越前】鮨 日本橋 鰤門 : 堅苦しさがなく、崩れすぎず、価格は高過ぎず、良質な握りをいただける店 (152軒目)

三越前駅から徒歩3分のコレド室町という施設の4階に位置する「鮨 日本橋 鰤門」へ。

f:id:ikkoshinagawa:20220412213745j:image

鰤は出世魚であり、師走の時期にオープンしたことと、門出を祝って「鰤門」。

読み方は「しもん」。

コレドができてからなのでもう10年以上こちらで営業している。

銀座にも店舗はあり、他にグループ会社としてフレンチやカフェなんかも運営している。

 

料理長の関谷さんは「すし屋の芳勘」出身で渋谷の「鮨あい澤」相澤大将の後輩にあたる方だそうだ。

17,600円のおまかせコースは握りの合間につまみが出てくるスタイル。

つまみは握りを殺さず、地味過ぎずいい塩梅。

タスマニア産の牡蠣が出てきたのには驚いたが日本のものと違って腹こわなさいらしい。

 

シャリは米酢で硬めに仕上げられホロっとタネと調和。聞いていたよりシャリ細ではない。

酸味も最後まで飛ぶことなくネタと混ざり合うことで米の旨味を感じられるもの。

 

この日の鮪は樋長からの和歌山の大型魚。小型魚特有の香りは弱いが柔らかさと味はある鮪。

鹿児島和泉の安定の鯵、みずみずしさと甘さが出たホッキ貝、脂に全く嫌味がないクロムツなど一万円台のコースでは満足度が高い。

 

指拭きはないがおしぼりを3回変えてくれたのも嬉しいポイント。

以下、いただいた料理。

 

 

平貝と春野菜

f:id:ikkoshinagawa:20220412214230j:image

 

毛蟹

f:id:ikkoshinagawa:20220412214254j:image

 

赤身
f:id:ikkoshinagawa:20220412214252j:image

 


f:id:ikkoshinagawa:20220412214249j:image

 

桜海老の茶碗蒸し
f:id:ikkoshinagawa:20220412214243j:image

 


f:id:ikkoshinagawa:20220412214246j:image

 

初鰹

f:id:ikkoshinagawa:20220412214326j:image

 

雲丹の手巻き
f:id:ikkoshinagawa:20220412214334j:image

 

アオリイカ蛍烏賊の燻製
f:id:ikkoshinagawa:20220412214407j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220412214321j:image

 

タスマニア産の生牡蠣
f:id:ikkoshinagawa:20220412214359j:image

 

太刀魚の塩焼き
f:id:ikkoshinagawa:20220412214329j:image

 

中トロ
f:id:ikkoshinagawa:20220412214339j:image

 

小肌
f:id:ikkoshinagawa:20220412214350j:image

 

金目鯛
f:id:ikkoshinagawa:20220412214323j:image

 

とり貝
f:id:ikkoshinagawa:20220412214337j:image

 

クロムツ
f:id:ikkoshinagawa:20220412214401j:image

 

牡丹海老
f:id:ikkoshinagawa:20220412214348j:image

 

春子鯛
f:id:ikkoshinagawa:20220412214342j:image

 

ホッキ貝
f:id:ikkoshinagawa:20220412214356j:image

 

玉子焼き
f:id:ikkoshinagawa:20220412214331j:image

 

穴子
f:id:ikkoshinagawa:20220412214344j:image

 

味噌汁
f:id:ikkoshinagawa:20220412214353j:image

 

干瓢巻き
f:id:ikkoshinagawa:20220412214404j:image

 

お会計はビール、日本酒数杯飲んで一人約24,000円。

ごちそうさまでした。