品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数19万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【六本木】la Brianza (ラ ブリアンツァ): 六本木で旨い安いを実践している優良イタリアンレストラン

六本木でとりあえずまともなイタリアンレストランに行くなら「la Brianza」。

場所は六本木ヒルズ内。

f:id:ikkoshinagawa:20220415082359j:imagef:id:ikkoshinagawa:20220415082402j:image

店内は店員さんの数が多く流石ブリアンツァグループと言った感じ。

伝統的なイタリア料理、郷土料理を日本の食材で調理していく、いい意味でベタなお店。

本日のコースはMENU REGIONALE 8,800円。

f:id:ikkoshinagawa:20220415083654j:image

本日のボトルはリースリング

以下、いただいた料理。

 

 

ゼッポリーネ

f:id:ikkoshinagawa:20220415083810j:image

中はモチモチとトロっとした食感の中間。

そうか、同じゼッポリーネでも揚げ具合で食感も若干変わってくるんだな。磯風味は幾分穏やか。

 

真鯛カルパッチョ

f:id:ikkoshinagawa:20220415085317j:image

 

プラザオラ

f:id:ikkoshinagawa:20220415085337j:image

牛の生ハムのことでこれが脂っこさは全くなく、熟成されている為噛めば噛むほど赤身肉の滋味が押し寄せてくる。生ハムと言えば豚、という概念は軽く覆される。

 

ホワイトアスパラガス

f:id:ikkoshinagawa:20220415181249j:image

ホワイトアスパラガスは佐賀産。

柑橘のはっさくの爽やかさ、生ハムの塩味がなんとも絶妙。

 

モルツェッロ

f:id:ikkoshinagawa:20220415181358j:image

赤ワイン、トマトなどで煮込んだ近江牛のもつ煮込と椎茸。

塩分は控えめで数種類のもつは異なる食感を楽しめ、ミントなどのハーブがまた清涼感溢れるいいアクセント。

 

自家製パン
f:id:ikkoshinagawa:20220415181349j:image

ココナッツと柚子胡椒を合わせたソースがまた素晴らしい組合せにセンスを感じる。

 

スペシャリテ
f:id:ikkoshinagawa:20220415181412j:image

グラタン、半熟たまご、上からトリュフを。
f:id:ikkoshinagawa:20220415181406j:image

失敗のない間違いない王道の組合せです。

半熟玉子は少しづつ崩しながら固まるグラデーションを楽しむ。

 

トンナレッリ
f:id:ikkoshinagawa:20220415181415j:image

低加水極太パスタのトンナレッリ。

一瞬、二郎系の麺を彷彿とさせる。

腸詰のサルシッチャの旨味は口角が上がらずにはいられない。

 

近江牛の頰肉煮込み
f:id:ikkoshinagawa:20220415181402j:image

ホロホロでよく煮込まれてます。これぞ歯いらず。

上のハーブやらミントやらバルサミコやらのソース的なのが凄く複雑な味わいを演出しています。

 

ティラミス
f:id:ikkoshinagawa:20220415181353j:image

 

お会計二人でワインボトル一本約30,000円。

コストは抑えるがちゃんとツボも抑え、ハートも掴む皿の数々。

人に勧めるには十分に良心的な価格帯であり居心地の良さ。

ごちそうさまでした。