品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数19万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【麻布十番】Shaji : フレンチ焼鳥とは如何なるものか?食べてきた正直な感想

麻布十番にあるフレンチと焼鳥を組み合わせたフレンチ焼鳥の店「shaji」。

また新たなことを思いつくものだ。

f:id:ikkoshinagawa:20220422081716j:image

場所は麻布十番駅A7出口より徒歩5分ほど。

カウンター席を中心に奥にテーブル席あり。

ワインの種類もそこそこあり焼鳥屋っぽい雰囲気はあまりなくカジュアルなデート向き。

サービスもきちんもしていると思います。

今宵もリースリングのボトルで。

f:id:ikkoshinagawa:20220422081713j:image

以下、いただいた料理。

 

 

前菜5種盛
f:id:ikkoshinagawa:20220422081709j:image

2人で訪問なのでこの量です。とは言ってもいきなり全部来るんですね。

ここには特に焼鳥の要素はないです。

パクパク一口づつつまみながらワインを流していく。

 

ササミ粒マスタードうずらの卵

f:id:ikkoshinagawa:20220422081737j:image

タスマニアの粒マスタードがのったササミ。

マスタードの酸味がなかなか強く、主張激しめ。

もう少し串の薫香があれば香りの組み合わせとしてはいい感じになるんだろうな。

 

せせりトマトソース、柚子胡椒

f:id:ikkoshinagawa:20220422081757j:image

せせりはちゃんと薫香まとっててさらにトマトの酸味がバランスいいですね。

焼鳥に酸味の要素ってないから新しいかも。

 

フォアグラの肉じゃが

写真撮り忘れ。これがかなり味が濃くてどちらかというと酢豚並みの酸っぱさ。

名物らしいがコースで浮いてる気がします。

 

ぼんじりレモンソース
f:id:ikkoshinagawa:20220422081800j:image

ぼんじりなのでそりゃレモンかけたくなるわな。というあまり意外性のない組合せ。

 

はつバルサミコソース
f:id:ikkoshinagawa:20220422081808j:image

プリッとしてジャワっと脂が一気に弾ける。

本日の串の中で一番輝いてる。

串焼きとして秀逸ですね。

けれどバルサミコはあってもなくてもいいかなと笑

 

レバー赤ワインソース
f:id:ikkoshinagawa:20220422081751j:image

どちらかと言うとシチュー、ハンバーグソースなど洋食っぽい味わいに。

 

グラスで
f:id:ikkoshinagawa:20220422081805j:image

 

トリュフの炊き込みご飯
f:id:ikkoshinagawa:20220422081754j:image

正直言いますとこれが一番刺さりました。

舞茸とトリュフの組み合わせが抜群。
f:id:ikkoshinagawa:20220422081811j:image

卵をかてズズッと。米の硬さもいい。

 

アーモンドミルクのブランマンジェ
f:id:ikkoshinagawa:20220422081802j:image

 

フレンチとうたってるからにはやっぱり肝は【ソース】です。

鶏自体旨味が強くてわりと何にでも合うけど職人が焼くちゃんとした焼鳥屋において「果たしてソースがいるのか?」という根本的な疑問が生じてしまった。

店のコンセプトなので一番これを言わせたらダメな気がします。

勿論合わないわけではないけど必然性にかけるというか、爆発的に組合せがハマってるかと言われるとそうでもない。

 

焼鳥に負けない強めのソースを作るとなると焼鳥の良さを消しかけない諸刃の剣的な部分がある。

だからこそ通常のノーマル焼鳥のコースに「こんなこともできます」程度に抑えて1本、2本くらい飛び道具として小出しに出していった方がリピートに繋がる気はしますね。

ごちそうさまでした。