品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数20万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【六本木】YAKITORI 燃 es : 独創的だが理に叶っている。焼き鳥において個性を打ち出す金髪職人!

六本木の「YAKITORI 燃 es」へ。

ミッドタウン方面です。

f:id:ikkoshinagawa:20220618103957j:image

扱う地鶏は愛媛の媛っこ地鶏。

初っ端からジューシーでトロっとしたササミの紫蘇巻き、ねっとり旨味濃ゆい皮にはヤラれた。さらにネギとももを皮で包んだ「包みねぎま」のオリジナリティ性。

金髪店主の沼能さんの串は一見独創的だけど非常に理に叶っている。

相当研究してるんだろうなというのが伝わってくる。

ちなみに別の方が仕込む一品料理も抜群に旨い。

鶏のコンソメから配置から何まで拘りが見える11種類の野菜、いぶりがっこチーズと焼鳥屋では串だけ食べたい派の私が思わず唸った。

〆の清湯ラーメンはその辺のラーメン屋で食べるより旨いのではないか。

以下、いただいた料理。

 

 

媛っこ地鶏のコンソメスープ

f:id:ikkoshinagawa:20220618100753j:image

 

媛っこ地鶏の腿肉
f:id:ikkoshinagawa:20220618100748j:image

皮パリとレアっぽい部分のコントラストがいい感じです。

 

11種類の野菜
f:id:ikkoshinagawa:20220618100758j:image

一つ一つ丁寧に焼かれ甘さや香りを引き出している。配置まで凄い凝ってます。

 

ササミの紫蘇巻き
f:id:ikkoshinagawa:20220618100742j:image

なにこのトロトロ感。口の中で溶け出す感覚のササミって言っても過言ではない。

 


f:id:ikkoshinagawa:20220618100739j:image

パリッと綺麗な皮の食感にねっちりと旨味が濃縮。ひたすら余韻長し。

 

じゅんさいと生姜餡の冷製茶碗蒸し
f:id:ikkoshinagawa:20220618100733j:image

 

包みねぎま
f:id:ikkoshinagawa:20220618100723j:image

腿とネギを皮で包んだ手間がかけられた一串。
f:id:ikkoshinagawa:20220618100718j:image

パリッ、シャキッ、腿肉と同時に食感を楽しめるよく考えられている。

 

アスパラガス
f:id:ikkoshinagawa:20220618100801j:image

瑞々しく甘みも感じます。

 

つくね
f:id:ikkoshinagawa:20220618100736j:image

アルミホイルを上に被せながら焼いていた。

ホロホロっと崩れていく蒸し焼き。

 

いぶりがっこチーズ
f:id:ikkoshinagawa:20220618100713j:image

燻製オリーブオイルがまたワインと合うのなんの。

 

レバー
f:id:ikkoshinagawa:20220618100730j:image

トロっと軽い食感に濃い旨味。

めちゃめちゃ繊細で細かい火入れ。

 

ピーマン
f:id:ikkoshinagawa:20220618100721j:image

 

レバーパテ
f:id:ikkoshinagawa:20220618100750j:image

上にはブルーベリージャム。

 

砂肝
f:id:ikkoshinagawa:20220618100804j:image

薫香は綺麗に纏い、かなり軽やかですね。

臭み皆無。

 

王様椎茸
f:id:ikkoshinagawa:20220618100744j:image

かなり大きいが熱々ジュースを楽しめます。

 

手羽のコンフィ
f:id:ikkoshinagawa:20220618100710j:image

丁寧に骨は抜かれ、まさかのコンフィで仕上げる。

だけど脂っこさは感じさせません。

 

えんがわ
f:id:ikkoshinagawa:20220618100756j:image

コリコリっとした砂肝まわりの肉。

 

はらみ
f:id:ikkoshinagawa:20220618100726j:image

玉葱とともに。

 

〆のラーメン
f:id:ikkoshinagawa:20220618100716j:image

澄んだスープは鶏の綺麗な旨味色濃く、麺は舌触りがいい。至極シンプルだが、これ以上の具材は一切必要ないほど完成されている。

 

ワインは全て国産

f:id:ikkoshinagawa:20220618103905j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220618103857j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220618103854j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220618103903j:image
f:id:ikkoshinagawa:20220618103900j:image

 

ごちそうさまでした。

是非また来たい。