品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数20万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【静岡県静岡市】かん吉 清水店 : 脂ののった静岡鰻を豪快に地焼きで仕上げた特撰ひつまぶしを掻っ込む至福の白昼!

静岡県にて鰻を食べに「かん吉 清水店」へ。

かん吉は静岡店とこちらの二店のみ。

こちらは静岡市内でも珍しい地焼きがいただけるお店。

各店ホームページがあり、同じ店名ではあるがそれぞれ独立してるお店様だ。

f:id:ikkoshinagawa:20220615172054j:image

この日は平日の11時半に到着。

我々がテーブルにつくやいなや満席に。あぶねー。

 

ひつまぶし推しという事でどうせなら一尾を使った特撰をオーダー。

注文が入ってから店内で活鰻を捌くため30分位待つことになる。

その間にビールと肝焼、うまきも追加した。

以下、いただいた料理。

 

 

お通し
f:id:ikkoshinagawa:20220615172046j:image

ビールと共に出てきた肝煮。

肝煮頼もうとしたけどお通しで出てきたのが嬉しあ。

 

肝焼き 1,000円
f:id:ikkoshinagawa:20220615172030j:image

肝特有のサクプリな食感に丁寧な下処理のおかけで臭みは皆無。

焼きによる薫香と後に残らない甘さのタレとの相性が何ともいい。

 

うまき 1,000円
f:id:ikkoshinagawa:20220615172032j:image

ふっくら煮が入った出汁巻き。

フワッとした出汁巻きに蕩ける鰻。

胃袋が刺激される。

 

特撰ひつまぶし 5,200円
f:id:ikkoshinagawa:20220615172035j:image

お櫃、茶漬け用の出汁、肝吸い、冷奴、薬味、お新香。

蓋を開ければフワッと燻香とタレが見事に抱き合った麗しき香り。

たまらねぇ。

f:id:ikkoshinagawa:20220615172043j:image

焼き色はまさに理想的。

ひつまぶしということで食べやすく細切りにカットされている。

鰻は静岡県産で丸々一尾使用しておりご飯が見えない。
f:id:ikkoshinagawa:20220615172051j:image

この冷奴がまたきめ細かく滑らかでクリーミーな舌触り。
f:id:ikkoshinagawa:20220615172038j:image

肝吸いも安定の旨さ。f:id:ikkoshinagawa:20220615172057j:image

炭火により皮はパリッと、身はトロっとジューシーさを保っている。この食感と脂感は地焼きの醍醐味である。

腹が減ってる時の一口目の地焼きは本当最高だ。

炭火による香ばしさとクド過ぎない甘辛のタレがまた食欲をそそる。

f:id:ikkoshinagawa:20220615172040j:image

そこに山椒をかければまた一段ギアを変えてくる。

地焼きの脂感だからこそよりピリッとした山椒が活きてくる。山椒とはこの地焼きの為に生まれてきたのではないかという程の名コンビである。
f:id:ikkoshinagawa:20220615172048j:image

頃合いをみて葱と山葵で味変を施し堪能する。彼らをもってしても到底山椒には敵わない。

 

地焼きは確かにハイテンションに旨いが脂を落とす関東風とは異なり良くも悪くもコッテリである。

なので3/4ほど食べたら出汁をかけて茶漬けにする。

確かに地焼きを出汁に合わせるひつまぶしは至極理に叶った食べ物である。

出汁の風味、薬味でまたガラッと印象が変わる。次第に鰻の脂が出汁に溶け出してくる。

一気にズズズっと。

あぁ、幸せ。

ごちそうさまでした。