品川イッコー 公式ブログ

どうも、品川イッコーと申します。いわゆるYouTuberってやつです。ようやく登録者数20万人超えました。寿司、ラーメン、観た映画などを中心に勝手な感想を述べていきます。

【池尻大橋】中華そば 千乃鶏 : 千里眼の系譜が放つガッツリ系清湯!鰹昆布水つけ麺の新たなカタチ!(349杯目)

二郎インスパイア「千里眼」系譜の新ブランドである「中華そば 千乃鶏」が3月にオープンした。

鶏清湯という二郎系とは真逆のふりきり方が清々しい。

 

場所は池尻大橋駅南口より徒歩5分ほど。

f:id:ikkoshinagawa:20220528120830j:image

「千」の字はもちろん「千里眼」から。

f:id:ikkoshinagawa:20220528120834j:image

白を基調とした店内、カウンターは7席にテーブル席あり。BGMはLazy Daze。お洒落やないすか。

本当なら初回はデフォのラーメンがマイルールだが色んな人のレビューを見てるとなんとなくつけ麺の方が好みなんじゃないかなと直感が働き、ここは新しくメニューに加わったばかりの鰹昆布水つけ麺をいただくことに。本能には逆らえない。

 

 

鰹昆布水つけ麺(塩) 1,000円+味玉 100円+ワンタン 150円

f:id:ikkoshinagawa:20220604155427j:image

トッピング足しました。

見た目、綺麗です。
f:id:ikkoshinagawa:20220604155424j:image

丼には鰹節の出汁、海苔を煮出した出汁を合わせて真昆布、がごめ昆布を一晩寝かせて取った出汁の中に麺が浸かっている。

二郎インスパイアの流れを汲んでるだけあって麺量は300g。手揉みした極太麺。

清湯系にこの量はかなり個性的です。

f:id:ikkoshinagawa:20220604155437j:image

スープはモンゴル産岩塩など3種類のブランド塩に丸鶏、鶏ガラ、鶏もも肉、昆布を使用したもの。

具材はチャーシュー、ワンタン、メンマ、小松菜、紫玉ねぎ。

f:id:ikkoshinagawa:20220604155432j:image

トロトロの鰹昆布水をたっぷり纏った太微縮れ麺は多加水ならではのツルツルッとした舌触り。

いやぁ、麺旨いな。噛んでると香りが凄くいい。

大抵こう言った清湯系だとここまで太い麺って珍しいけど全然違和感がない。

小麦の風味がまた鰹や昆布の旨味とよく馴染む。

というかつけ汁につけなくても十分食わせる力がある。
f:id:ikkoshinagawa:20220604155435j:image

ではつけ汁につけてズズッと。

分厚い旨味のある鶏油と出汁、輪郭がハッキリとした塩味、柚子胡椒による風味とピリ辛など味の広がりが印象的。

単調さは非ず。

f:id:ikkoshinagawa:20220604155422j:image

つけ汁の中のチャーシューは箸で切れそうな程ホロホロです。

チャーシュー、メンマと具材の方に味がしっかり染みている。

全体的にあえて塩味は強くしてるのかな?

自分で鰹昆布水を足しながら微調整できるように。
f:id:ikkoshinagawa:20220604155440j:image

トゥルントゥルンのワンタンも食べ応えあります。
f:id:ikkoshinagawa:20220604171748j:image
千里眼とは逆の振り幅とは先ほど申しましたが清湯とは言ってもわりとガッツリなつけ麺です。

スープ割りは鰹昆布水を入れて。

温度は低くなるが旨味は強烈。

塩だと旨味がダイレクトに感じられる。

鶏の旨み中毒の私にはたまらない。

つけ麺を頼んだ私の直感は間違っていなかった。

が、次こそはちゃんとデフォのラーメンを食べに来よう。

ごちそうさまでした。